ブログ

 

デザイナーが小さなバッグ好きというのもあり、そのようなバッグをたくさん作ってきました。

 

ただ小さいだけ、とならないよう、

毎回テーマをもって作ります。

 

今回作ったミニトートバッグのテーマは、

 

「クロコダイル1枚を余すところなく使用したカジュアルなデザイン」

 

「つくりのよさと工夫を存分に感じることができるバッグ」

 

というものです。

 

 

 

 

 

カジュアルさを演出するため、あえてセンター取りを避け、楽しい取り方にしてみました。

 

 

 

 

 

 

カラーについては、バッグ本体はボルドー色を選び、シックになりすぎないよう、内側を赤の牛革にすることで、華やかさをプラスしました。

 

mayumi kondoではいつも職人さんに説明する際、指示書や模型を使って出したい表情がわかりやすくなるようにし、そこに言葉を添えるようにしています。

 

職人さんに材料を渡してからは、イメージどうりになれば良いと思いながら出来上がりを待ちます。

これは、オーダーメードを待ってくださる方と同じ気分だと思います。かなりドキドキです。

 

出来上がってきたミニトートバッグは、360°どの角度から見ても綺麗で、緻密に計算されたつくりのよさと丁寧さを感じるものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のバッグの中で、マチの下部分の硬さとボディの柔らかさのメリハリがとても重要な部分と考えていたのですが、

厚い箇所や薄い箇所を何事もなかったように、まるで革を折り紙のように操り作ったバッグです。

 

ついでに紙ではないのに、240gという軽さを実現することもできました。

 

見れば見るほど発見があります。

 

職人さんの遊び心は、

 

前後の中央にある金具を取り付ける部分をボディと切り離すことなくつなげてくださっているところです。

小さな工夫の積み重ねが楽しいバッグ作りになるのですね。

感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっかけは、「クロコダイルの草履は作れますか?」という

お問い合わせでした。

 

クロコダイルのオーダーメイドをうたっていますので、様々なお問い合わせを

いただきますが、お草履は初めてのアイテムです。

 

NOと言わないのがmayumi kondoのポリシーですので、お時間をいただきできるかどうかやってみることにしました。

 

まずは、イメージ通りにつくってくださるメーカーさんを探すことから始め、

これまでお取り引きのあった呉服関係の方に信頼できる老舗メーカーさんを紹介いただくことができました。

つくりの面で安心することができましたので、いろいろ教えていただきながら、専門のことはお任せするとして、クロコダイルのどの部分を使用してどこに配置するかを考えながら組み合わせを決めていきました。

 

同時に、金唐革の草履も作ることにしました。

 

金唐革は、ある程度大きくないと柄がわかりにくい

ということもありますので、柄が目立ちやすい黒地のアラベスク柄を選び、分量もたくさん使って配置しました。

 

合わせる革は牛革エナメルです。

 

メインとなるクロコダイルや金唐革との色合わせにより印象が変わってきますので、

癖が出過ぎないよう慎重に色選びをし、お願いしました。

 

出来上がった草履がこちらです。

 

 

 

 

 

 

思い描いた以上の出来栄えに感激しました。

 

 

どのようなお着物に合わせられるかイメージできるよう、柄物の和紙の上に乗せてみました。

 

 

 

 

 

クロコダイルも金唐革もそれぞれ個性があり、合わせる着物により楽しめそうです。

 

草履とバッグを合わせるのもおしゃれですね。

 

 

 

この草履をご覧になったお客様から、この組み合わせのビーチサンダルが欲しい!

というご意見も。

ひとつのものづくりが、いろいろに拡がっていくのが楽しいです。

 

 

 

 

 

 

“シンプル ”

 

自分にとって何が重要かを考えるとシンプルなものに行きつきます。

必要がない、使わない部分は無くし、ここだけは外せない、気に入っている、こだわりの部分を残す。

そうするとおのずと自分だけの“カタチ”になります。

 

先日、男性のお客様からナイロン製ビジネスバッグのオーダーメイドに関するお問い合わせをいただきました。

今お使いのバッグを気に入っており、同じデザイン、仕様のものをずっと探しているが見つからないとのことです。

 

お客さまはご自身が毎日ご使用される中で使いやすいサイズ感、耐久性、機能性、仕様、質感、デザインにご希望をお持ちです。  

 

 

 

 

 

最初のお打ち合わせでのご要望のメモ書き

 

 

 一般的に、お店で売られているのは様々なパーツが取り付けられたり、仕切りやポケットがたくさんあるビジネスバッグで、誰にでも当てはまるよう作られています。

 

シンプルで余計なものをそぎ落とした “ご自身にとって無駄のないビジネスバッグ”がお客様のオーダー内容です。

 

できあがったビジネスバッグは私たちの想像を超えてお客様に気に入っていただけました。

 

 

 

「2週間程度、仕事で使ってみました。

イメージ通りで満足しております。

丈夫さ、現有に比べ1㎝大きい事、素材、底の作りの丈夫さなどから

恐らく以前保有していたものより長く使えるように感じています。

デザイン、現有のものをお見せして詳細打ち合わせさせて頂いておりましたのでイメージ通りで、シンプルで気に入っていた形です。これがありそうで中々無いのです。

この度、細部の要件までご相談に乗って戴きありがとうございました。

他にあまりない貴社のようなサービスがあって本当に良かったと思います。

今後とも宜しくお願い致します。」

 

 

 

沢山のモノに囲まれている私たちの生活で、一体何が自分に本当に必要な物なのかを

考えることなく毎日を過ごしています。

たいして好きでもないけれど、なんとなく使っているバッグや財布、洋服など、ほとんどのものが誰にでも受け入れられるように作られたモノたちです。

 

自分にとって必要で、気分よく過ごすことができ、一番大事なものかを考える、ということは本当の自分のやりたいことを映し出しているように思います。

 

オーダーメイドとはその人の大事だと思う部分をクローズアップすることです。

 

削ぎ落とすという作業をすることでよりシンプルになる、これは生きること全てに通じているのかもしれません。

 

今回、お客様にオーダー頂いたことで自分自身を振り返るよい機会になりました。

 

 

 

オリジナルで、リザード革(トカゲ革)のゴールドカラーをつくりました。✨

 

他にはない上品な色合いで

 

長財布にちょうど良いくらいのサイズです。

 

金運アップにゴールド色のお財布はいかがでしょうか? 

 

 

 

 

 

 

 

人気のクロコダイルミニ財布の新色が出来上がりました。

それぞれ、楽しい色合わせです。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hikiji.co.jp/item/2627/

通常、お財布のファスナーは、正面に向かって、左から右に引くよう作られています。

商品は多くの方に当てはまるよう右きき用に作られているためだと思います。

 

 

左から右に引く動作が、右ききの方のためのもの、というのは

左手で同じことをやってみるとわかります。

 

 

 

ある日左ききの方から、ずっと不便に感じながらお財布を使っていらっしゃるという話しを聞き、

オーダーメイドのご提案をしました。

 

オーダーメイドのよさというのは、

お客様のお好きな素材と色の組み合わせで、こだわりの部分を取り入れた

ものづくり=自分に合わせたものづくりができる

ということだと思います。

 

 

今回のお財布は、

素材はリザード(トカゲ)革で、

カラーは、艶のあるブルーとマットの赤・パープルの3色を組み合わせた、他にはない色合いです。

 

 

後のポケットにはハートのパッチワーク2個を施しました。

 

 

 

 

もちろんファスナーは、右から左
に引けるよう取り付けています。

 

 

 

 

 

レアな素材、カラフルで他にない色合い、使いやすいデザイン、左ききのお客様が快適に使える・・・と4拍子揃ったオンリーワンのオーダーメイドの商品が出来上がりました。

 

お渡しして、見た目に嬉しくなり、使って左手で右側からファスナーを引く心地よさを感じ、とても気に入っていますとおっしゃっていただきました。

 

オーダーメイドを好まれるお客様は、自分だけのものを作る楽しさ、探しても見つけることができないものを作ることができる喜びを感じていらっしゃいます。

 

待っている時間もワクワクするわ、と全てを楽しみにされていることがとても嬉しいです。

ご期待以上のものづくりができるよう、

職人さんとスタッフで考えに考えて今できる精一杯のものづくりをしています。

 

少数派の左きき用財布はオーダーメイドの原点を思いだすものでした。

 

お客様より、「サイズ感がぴったり合ってお洒落なものが

見つからないので、手持ちのタブレットに合ったサイズで

イヤホンも収納できるタブレットケースをオーダーしたい。」

と相談いただきました。

 

 

以前、クロコダイルパッチワークのスマートフォンケースを

オーダーいただいているお客様で、

今回はタブレットケースに何かの柄を付け

パッチワークにして欲しいとのご要望です。

  

まず、バラ模様をご提案しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとお客様から、ケースの裏側にはバラのつぼみが開いた模様はいかがでしょうか?

と素敵な提案をいただきました。

 

 

 

次は、模様のカラーをどうするかです。

 

お客様のリクエストは、

 

春らしいものと秋冬の季節を感じるカラーをケースの両面それぞれに

使用して欲しいとのことでしたので、

色のイメージをいくつかご提案しました。

  

 

 

 

 

 

 

 

それらの中からお好きな組み合わせをお選びいただきましたので

 柄のパーツごとのカラーを選び、

全体のバランスを考えながら組み合わせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ての色が違っているのがデザイナーのこだわりです。

 

次は、

バラの花びら、茎、葉の一枚一枚にクロコダイルの腑模様が綺麗に入るように

型紙を当てていく細かい作業が始まります。

 

 

 

 

 

そして、本体と裏地の素材、ステッチのカラー、タブレットケースの硬さに至るまで

細かくお客様とやり取りし、ご要望を伺った上で

職人さんにつくりのお願いをしました。 

 

初めてのものづくりの場合、慎重に進めていく必要がありますので、

何度も確認をしながらついに完成しました!!

 

 

 

 

ご希望のイヤホンもきちんとおさまります。

 

 

自分だけのオリジナルのケースが出来上がったととても喜んでいただきました。

 

オーダーメイドのものづくりは、何度も試作を繰り返しながら丁寧に進めていますので、思うように出来上がり、お客様に喜んでいただくことが私たちの喜びでもあります。

男性に比べ、女性はこまごまとした物をたくさん持ち歩きますので、

それに伴いバッグが大きくなってしまいます。 

最低限必要な物!と決めても、

 

お財布 ・スマートフォン・パスケース・キーケース・リップ。

結局あれもこれも。。となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

それらをコンパクトにスッキリと、お洒落にまとめて持てるバッグとはどんな形・サイズだろうということで、

できる限り小さめサイズで、デザイン装飾をなくしたシンプルかつ軽いバッグを考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開閉はファスナー式で、内部はオープンポケットが一つついているだけです。

 

 

 

 

 

 

 

でも、そのポケットサイズには秘密が隠されていて、

縦7x横10cm のこちらのパスケースがぴったりと納まるようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの小物たちも薄型シンプルなつくりにしていますので、すべてがバッグにきちんと収納できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッグは革を使って150gという軽さを実現することができましたので、

物を入れて身につけたままでも疲れにくく、すっきりとしておしゃれです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月5日よりクラウドファンディング「マクアケ」にて女性の骨格に合った体に良いリュックを販売いたします。

 

一生歩ける体になる黒田式ケア・ウォーキングで知られるウォーキングのスペシャリスト黒田恵美子先生と近藤真由美のコラボレーション。 

男性とは骨格や筋力が異なる女性の身体への負担を、可能な限り軽減できるようディテールやつくりを徹底的に検証したリュックです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top