メイキング  

映画を観ると、本編(完成品)よりもメイキング

(過程)が気になります。監督は、自分の思いや

こだわりをどのような方法で伝え、形にしている

か。キャストやスタッフが、どうやって監督の意

図を組み、一定のモチベーションをもって自分の

役割を妥協なくやり抜くかなど、どれもものづく

りに欠かせない要素が詰まっていますので興味深

く、その方法や心理に惹かれます。

pink

ですから、好きな映画はDVDを買って、メイキン

グ映像を何度も見てしまいます。

ジャンルや規模は違っていても、バッグや小物を

つくる際、私がイメージしたものが実際の商品に

なり、販売スタッフを通してお客様の手に渡るま

で、たくさんの人が関わってくれています。その

すべての間にいて、気持ちをリレーしてくれるよ

う伝える役目は映画監督もデザイナーも同じと

っています。

pink 

バッグや小物がどうやって出来上がるのか、

新作のキーケースを例に、mayumi kondoの

メイキングを、一部ご紹介します。

pink

IMG_0511a

pink

イメージを形にする デザイン画

微妙な曲線を重視する場合、デザイン画は、

パソコンのソフトは使用せず、

鉛筆のかすれ具合を利用し、調整しながら

形を完成させます。

pink

IMG_0504

pink

用途にあわせ、サイズを決定

今回はキーケースを作成しますので、

鍵を入れられるよう、デザイン画を縮小や

拡大しながらあわせ、型紙を作成します。

pink

IMG_0507

pink

素材を選ぶ

デザイン画をみながら、イメージにあう革と

色を合わせ、選びます。

pink

IMG_0503

pink

実際につくってみる

型紙にあわせ、紙や革をつかって形をカットし、

簡単なサンプルをつくり、使い勝手を

考え、修正を加えます。

pink

pink

つくり方を決める

イメージにあうつくりを考え、

縫い合わせ方法や、糸の色などを決め、

指示書を作成します。

pink

職人さんとの打ち合わせ

材料とサンプル、指示書を見ながら、

意図を含め、説明します。

職人さんには、楽しみながらつくって

もらえるよう、私自身の思いを率直に

楽しく話すようにしています。

pink

実は、このことが大事な要素と思っています。

真面目にきれいにつくることも大切ですが、

楽しみながらつくると、商品が

生きているみたいに話しかけてくれます。

日本人のものづくりに少し遊び心が加わると、

世界を変えられる、そう信じています。

pink

こうして楽しくつくった

採れたてのキーケースは、

使っていても楽しく癒されます。

page top