絶対的エース

mayumi kondoの中で絶対的エースといえば、

「レオパードフラワートートバッグ」でした。

1ia-gr-main-1000px

pink

それが近頃、その座を脅かす存在が出てきました。

pink

「カサノバハンドバッグ」です。

pink

M-0404BLSV

pink

カラフルでバッグ自体の存在感たっぷりの

「レオパードフラワートートバッグ」と、

シックな印象の「カサノバハンドバッグ」。

pink

人気の秘密、というと大げさですが、私自身が

カサノバの革をどう解釈し、デザインしたかについて

お話しします。

pink

カサノバと名付けたのは、イタリアンアートをつくって

くださっているマッシモさんです。

由来は、イタリアの魅惑の騎士、ジャコモカサノバから

きています。マッシモさんがどのような気持ちで

その名を付けたか知りたかったので、最初の革が

出来上がった時、彼のことを調べてみました。

pink

ジャコモカサノバは、17~18世紀のヴェネツィアに実在し、

時にビジネスマン、外交官、スパイ、政治家、哲学者、

魔術師、作家など、単一の生業を持たず、ヨーロッパ内を

転々としながら、ウィットに富み、社交性と幸運をもちあわせた

おかげで様々な困難を切り抜け生きた、世紀のプレイボーイ

としても知られた存在だったそうです。

pink

なるほど、かなり魅力的であったことは、よく理解できました。

黒とシルバー箔の世界の中で、一見派手で、しかもシックで、

自己主張がしっかりとあり、それでいて誰とでも相性のよい、

不思議な魅力を感じてもらえること、というキーワードを

持たせることを思いつきました。

pink

具体的なデザインにそのキーワードをどのように当てはめるのか

考えましたが、難しい計算などしすぎず、

普通にしているだけで、人が集まってきたのがカサノバだと

勝手に解釈をし、これまでお客様からご要望の

多かった機能を取り入れた一見ベーシックな

ハンドバッグをつくりました。

pink

IMG_0547

pink

外側にポケットがあること、

pink

IMG_0548

pink

内側にファスナーつきの仕切りポケットがあること、

pink

手でも持て、ショルダーでも持てること

pink

そして、あわせる革はオーストリッチの黒です。

pink

他にこだわったことは、

この革を目立たせるため、見えるところに

金具をいっさい使用しないということです。

(底びょうには、金具を使っています)

pink

M-0404BLSV--05

こうして出来上がった「カサノバハンドバッグ」は、

革の見た目だけでなく、機能面でも、

「レオパードフラワートートバッグ」と真逆の

ものになりました。

pink

唯一の共通点は、

pink

いつ見ても飽きないということ。

pink

次なるエースが出てくるまで、

この2つのバッグが活躍してくれそうです。

page top