本当の価値

今年もあと僅かとなりました。

 

一年の間、商品を通じてたくさんの出会いをいただきました。

 

改めてすべての皆さまに感謝申しあげます。

 

今年は、本当の価値について考えることの多い年でした。

 

10年前、試行錯誤してつくった商品を、

今も気に入って使っていますとおっしゃってくださったお客様。

 

大切に使っているので状態が変わらず、持っているとほめられます、

とおっしゃっていただきました。

私の手から離れてからの10年の間、

バッグはお客様を楽しい気持ちにし、いろいろの場所に行き、

ほめてもらってたくさんの役目を果たしてくれたとお聞きし、

うれしくなりました。

ものの本当の価値というのはお客様が決めてくださると思いますが、

後々にならなければわからないと感じます。

 

修理を承ってバッグを解体した時のこと。

今は亡き職人さんの丁寧なお仕事ぶりを見ることができました。

目に見えない部分にも手を抜くことなく

丁寧に仕事をしてくださったことで、

結果として全体の雰囲気を作り出し、壊れにくいバッグに仕上がっています。

 

 

価値を感じるまでには時差があります。

 

今やっていることはこれから先に判断される。

そう思うと緊張してしまいますが、お客様のご要望をお聞きしながら、

楽しく表現できればと思います。

 

 

 

 

来年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top