毛皮リフォーム

以前のブログに、「リペア」というタイトルで、

バッグの修理やリフォームのことを書かせてもらいました。

 

 その中に、

 

4 . 帯や毛皮を壊してバッグをつくる

 

という内容をご紹介いたしましたが、

今回は、最近ニーズが増えてきました

リペアの中から

毛皮のリフォームの話しをさせてもらいます。

 

着ることはないけれど

もったいなくて捨てられないミンクのコート

 

 

 

 

 

使えるものに

ということで

2つのバッグを仕立てます。

 

以前のブログには簡単なトートバッグなどに

仕立てます。

と記しましたが、他であまり見かけることのない

デザインにしたいと思い、

2種類の新作バッグをつくりました。

 

ひとつめの、

 

ミドルサイズのショルダーバッグは、

 

 

丸みを帯びた優しいデザインです。

 

 

切り替え部分が多いので、型紙を合わせ、

毛の向きを考えながら裁断します。

 

 

 

 

少しもったいないかもしれませんが、

どの角度から見ても綺麗な毛の流れになるよう

取り方にはこだわります。

 

完成したバッグを見ると、

違いがわかっていただける、と思います。

 

ショルダー部分は、

バッグの本体から繋がっていますので、

持った時に横から見ると

美しい毛の流れを感じていただけます。

 

 

先ほどのハーフ丈のコートで

もうひとつバッグをつくることができます。

 

あまり大きなものはつくれませんので、

かぶせ部分だけ毛皮にするショルダーひもの付いた、

ハンドバッグをつくりました。

 

 

 

 

シンプルなデザインですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

毛皮に柄をつけると、華やかさを感じられる

ようになりました。

 

 

私が手書きで柄を描いて型紙を作成し、

 

 

 

 

 

毛皮に合わせて切り抜いて、

 

 

 

 

そこに色の違うミンクを毛の向きを合わせて

縫い付けてもらいました。

 

 

 

 

 単純な柄しかつくることはできませんが、

とても馴染んでよい風合いになりました。

 

持っていて楽しくなりそうです。

 

 

今回の毛皮のバッグで初めて

柄をつけることを経験しました。

 

やったことのないことにチャレンジすることは、

ワクワクします。

 

そして、思った通りに出来上がった時、

何とも言えない充実した気分になります。

 

着ることのないものを

楽しいものに変えられる。

 

リフォームも奥の深い仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top