「きものSalon」秋冬号に金唐革が掲載されました

「金唐革」のバッグとお揃いでお草履をつくったことがきっかけで、きものSalon さんとタイアップページの掲載を企画いたしました。 

 

アラベスク柄のバッグとお草履、クリスマスローズ柄のフォーマルバッグを掲載いただいております。

 

モデルは祇園の芸妓、小耀さん”にお願いをしました💛 

 

 


 

また、1700年代ヨーロッパの宮殿壁画に使われていた革の断片もUNO COLLECTIONからお借りすることが出来、誌面でもご紹介しています。

 

イタリアでは300年の間しかつくられなかった金唐革。

日本では当時の製法で今もなおつくり続けていらっしゃる徳力康乃氏。

 

その貴重な技を代々受け継ぎながら、現代の装いに合うバッグや小物をこれからも提案してまいります。

 

ぜひお手にとってご覧ください。

 

 

 

page top