ブログ

ものづくりを進めていく上で、お客様にはいつも、

希少な素材を使っているため、たくさん作ることができません。

とお話ししています。

 

材料についても、

 

職人さんについても、

 

ひとつひとつ作っているので

製作数をあらわす意味で

たくさん作ることができないのです、

と説明させてもらっています。

 

一方、

違う理由で、たくさん作ることができないのが

デザインの数です。

 

原因は私です。

 

私はどちらかというと、一つ一つ細かいところや

使い勝手などを気にしすぎるため、

たくさんの種類を考えるのが苦手です。

 

また、素材から作っていますので、

いかにデザインが進まないか・・

想像いただけると思います。

 

さらに厄介なことは、

ひらめかないとやらない、

ということです。

 

よくいただく質問に

 

一年にどのくらいのデザイン数を出されるのですか?

 

春夏とか秋冬とか新作を発表するタイミングは

いつ頃ですか?

 

というのがありますが、

いずれの質問にも

 

特に決めていません。

 

というお答えになってしまいます。

 

それは、自分がこれ!と感じて

作らないと、面白いものができないと

思っているため、制約をつくりたくないからです。

 

これ!と思うものは突然訪れます。

 

偶然見つけた素材を形にしたくなることもありますし、

 

柄や色の組み合わせを考えついて

メモ書きしたものをパソコン上で試作することもあります。

 

 

 

既存の素材を使用する際は、

バッグ用の素材でないものを使って面白いものづくりを

したいといつも考えていますので、

いろいろなところに行き、材料探しをするのですが、

見つけた時はうれしくて、うれしくて

素材が届くまで、何度も画像を見て過ごします。

 

今年に入って心ときめいた素材が、

クリスチャンラクロアのファブリックです。

 

 

展示会でなく、偶然見つけました。

大胆な柄、濃淡を細かく描いた華やかな色合い、

コットン素材が入った

毛足のあるベルベット調の触って気持ちのよい素材です。

 

それらがうまく活かされるデザインにしたいと考え、シンプルで

大きめのショルダーバッグを作りました。

 

両サイド上部のマグネットを使用することで

上のマチが内側に入り、横幅のサイズが変わります。

 

画像ではわかりませんが、

裏地はキウイ色にし、外の色とマッチするようにしました。

 

 

私も使い始めましたが、

これまで感じたことのない手触りよさとフィット感で、

布地でこのような贅沢な感覚をもてることに驚いています。

 

丁寧に扱って大切にしたいと思えるバッグですが、

元々カーテンやクッション、ソファや椅子張り用の

丈夫な素材ですので、取り扱いをそれほど気にしなくても

よいのも魅力です。

 

このところの私は、来年に向け、新しい素材作りに没頭中です。

思い通りに出来上がりましたら

またこのブログで紹介したいと思います。

 

 

これまで、たくさんのバッグや小物を作ってきました。

 

かなり考えて作ったはずですが、

画像がないと忘れてしまっているものもあります。

 

以前の商品も含め、お客様から

 

「あのバッグのここがよかった」

 

「こんな工夫があるので使いやすかった」

 

などをお聞きすることで、

自分のやってきたものづくりを思い返すことができます。

 

今回は、最近お客様からここが好き

とおっしゃっていただいたものを

まとめてみようと思います。

 

素材の柄・色・組み合わせで、

ここが好きとおっしゃっていただいたのは、

 

 

 

 

レオパードフラワー柄のブルーとパープルの組み合わせ

 

 

 

 

 

イタリアンアートとオーストリッチの組み合わせ

 

 

 

クロコダイルのオリジナル色

ピンクパールの優しい色合い

 

 

 

パイソン素材の柄の取り方

(通常は鱗が縦になるよう取りますが、横に使用しています)

 

 

 

 

異素材の組み合わせ

(パイソン&麻&透明ビニールを組み合わせた夏用バッグ)

 

 

 

デザインのここが好きとおっしゃっていただいたのは、

 

 

 

レオパード柄の子牛の革をハートと蝶の形にカットし

貼り合わせて作ったボールバッグ

 

 

 

 

 

 

リザードの長財布のハートの形と色合わせ

(楽しいのでワクワクする)

 

 

 

 

 

中央にギャザーをとったデザイン

(四角いので、ふっくらとさせることで、優しさを感じる)

 

 

 

ここが便利だった、使いやすかったとおっしゃって

いただいたのは、

 

 

 

 

 

見た目よりも軽くて柔らかいので、

持ちやすい

 

 

 

 

底に透明ビニールを縫い合わせているので、

バッグを置く際、濡れる心配がない

 

 

 

薄型なのに、ものをたくさん入れられ、

バッグの中で場所をとらない

 

 

お客様からここが好き、とおっしゃっていただき、

私自身新しい発見があったこと、

とてもうれしかったこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

底部分が深いので、

意外に容量があって使いやすいです

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に開けるたびに嬉しくなるお財布です

 

 

 

 

 

 

 

 

ずいぶん使ったので、角が擦れてしまった

ということで、

 

 

 

 

革をあてました。

 

また使えると思うと、とても嬉しいです。

 

 

これからも使ってみて、後から

よかったとおっしゃっていただけるものづくりを

続けていきたいと思います。

気に入って求めた素材は、大切に最後まで使い切ります。

クロコダイル革の場合、

まずバッグを作って、

 

残りの革があればその大きさに合わせて、

小物を作り、

さらに小さな小物やチャームを作ります。

それらをとった後、

本当に小さな端革が残りますが、

もったいないので、何かのために

とっておくようにしています。

 

少し前お客様から、残った革はどうしているのですか、

 

という質問をいただいたので、

上記のお答えをしたところ、

 

カラフルな端革でバッグが作れませんか、

いろいろはお任せします、というオーダーをいただきました。

 

いわゆるパッチワークのバッグを指すと思いましたが、

同じ大きさにカットした革を単純に縫い合わせる

パッチワークではおもしろさがでないと思い、

 

小さい革を革なりに(カットしないで革の形に任せ)

組み合わせた

楽しいバッグを作れないかと考えました。

 

まず、形の面白そうな革を選び、

 

色を合わせながらパズルのように組み合わせをし、

 

型紙に合わせてプレートを作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからは、職人さんが丁寧に縫い合わせ、

バッグに縫製してもらい、完成です。

 

 

 

 

革を余すところなく使い切りたい、

という思いと、

お客様の素敵なご要望とが合わさって、

これまでにない、新しいものづくりができました。

 

 

このバッグをみて、元気がでました。

いつもながめています。

自分だけのバッグを大切にしますね。

 

そうおっしゃっていただいたことがとてもとても嬉しかったです。

少し前から断捨離という言葉を使って、

ものへの執着を捨て、不要なものを捨てたり

減らしたりする、ということが注目されるようになり、

それとともに、お客様から、ものを減らしている話しを

お聞きすることが増えてきました。

 

また、片付けのプロの方のコメントに、

ときめくか

ときめかないか

を基準にものを整理すると、

今、自分に必要なものだけを手元に置いておくことが

できる。

とありました。

 

初めてそのことを聞いた時、

懸命につくった商品を

ときめかない

と判断され捨ててしまわれるのは

辛すぎる

と思ったり、

もっとときめくものを

作りたいと思ったりしたものでした。

 

ですが、今は考え方が変わってきました。

物理的にものがなくなっても、

あの時、これがあったから癒された

とか、

豊かな気持ちになれた、

など、

あれよかったね。

と言われることが本当の価値だと

と感じるようになりました。

 

最近、以前作った商品を

オーダーメイドでもう一度作って欲しい

というリクエストをいただくことが増えてきました。

 

あれですね。

あれがよかったのよね。

 

という会話をさせていただき

その方の人生の中で

私の商品でときめきを感じていただけた

ことにうれしくなりました。

 

以前作ったものはいつでも再現できるよう

型紙を保管し、画像を残すようにしているのですが、

形にするためには職人さんの協力が必要です。

細かく大変な内容にも嫌がらず対応くださることに

いつも感謝しています。

 

ときめくものづくりというのは

狙ってできるものではありません。

 

お客様によっていろいろな

考え方やタイミングがあると思いますので、

私ができることは

お客様の要望と職人さんの間に立って

ご要望にかなうものを作ることだと

思います。

 

こうして書いているうちに、

改めて自分の仕事を

好きになりました。

SNSの出現により、誰もが日常生活や思いを

発信できるようになりました。

 

自分で作ったものなどを気軽に

紹介できる環境にもなり、

 

どこにいても自分の好みに合うものを

世界中から見つけることができるようになったことは

素晴らしいと思います。

 

 

mayumi kondoでも

ブログやサイト、facebook、インスタグラム

などを通してものづくりのことを発信しています。

 

私個人は、性格的に気軽に発信

とはいかず、

 

つくったものを上手に伝えるにはどうすればよいのか

と、考えすぎて頻繁に発信することができません。

 

ということで、

こちらのブログ以外はスタッフが

画像や文章をつくって発信しています。

 

最近は商品だけでなく、

イメージが伝わるよう

人が持ったところ

というのを意識的に増やしていますが

 

おかげさまで

わかりやすくなったと好評いただいています。

 

SNSでは画像を一瞬の感覚で

判断されてしまいますので

 

さりげなさや自然な感じや

面白さを取り入れながら、計算された気軽さを

出すよう心がけています。

 

私の携帯電話の中にある写真は、というと

完成する前のものがほとんどです。

 

最新の画像は、

 

革の上に型紙を

あてているものや

 

イメージを撮ったものが主です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような画像を職人さんに見せ、つくってもらうのですが、

 

気軽に撮ることで、伝わりやすくなりました。

 

これらの画像がどんなものになるのか・・。

 

いつかこのブログ以外でご紹介できればと思います。

以前のブログに、「リペア」というタイトルで、

バッグの修理やリフォームのことを書かせてもらいました。

 

 その中に、

 

4 . 帯や毛皮を壊してバッグをつくる

 

という内容をご紹介いたしましたが、

今回は、最近ニーズが増えてきました

リペアの中から

毛皮のリフォームの話しをさせてもらいます。

 

着ることはないけれど

もったいなくて捨てられないミンクのコート

 

 

 

 

 

使えるものに

ということで

2つのバッグを仕立てます。

 

以前のブログには簡単なトートバッグなどに

仕立てます。

と記しましたが、他であまり見かけることのない

デザインにしたいと思い、

2種類の新作バッグをつくりました。

 

ひとつめの、

 

ミドルサイズのショルダーバッグは、

 

 

丸みを帯びた優しいデザインです。

 

 

切り替え部分が多いので、型紙を合わせ、

毛の向きを考えながら裁断します。

 

 

 

 

少しもったいないかもしれませんが、

どの角度から見ても綺麗な毛の流れになるよう

取り方にはこだわります。

 

完成したバッグを見ると、

違いがわかっていただける、と思います。

 

ショルダー部分は、

バッグの本体から繋がっていますので、

持った時に横から見ると

美しい毛の流れを感じていただけます。

 

 

先ほどのハーフ丈のコートで

もうひとつバッグをつくることができます。

 

あまり大きなものはつくれませんので、

かぶせ部分だけ毛皮にするショルダーひもの付いた、

ハンドバッグをつくりました。

 

 

 

 

シンプルなデザインですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

毛皮に柄をつけると、華やかさを感じられる

ようになりました。

 

 

私が手書きで柄を描いて型紙を作成し、

 

 

 

 

 

毛皮に合わせて切り抜いて、

 

 

 

 

そこに色の違うミンクを毛の向きを合わせて

縫い付けてもらいました。

 

 

 

 

 単純な柄しかつくることはできませんが、

とても馴染んでよい風合いになりました。

 

持っていて楽しくなりそうです。

 

 

今回の毛皮のバッグで初めて

柄をつけることを経験しました。

 

やったことのないことにチャレンジすることは、

ワクワクします。

 

そして、思った通りに出来上がった時、

何とも言えない充実した気分になります。

 

着ることのないものを

楽しいものに変えられる。

 

リフォームも奥の深い仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

made in Japan

と聞いて、どのようなことをイメージしますか。

 

私がこの仕事をはじめた頃、

日本では、イタリア製やフランス製など、

ヨーロッパのものづくりと比べ、

日本製について

今ほどよいイメージを持っていなかったと

記憶しています。

 

やがて日本のものづくりが

海外で信頼いただけるようになり、

日本を訪れる外国の方が

日本製を買い求めるといった

光景が多くみられるようになってきたことで、

私たち日本人もmade in Japan

を意識するようになったと思います。

 

日本人にとって当たり前と思っていた

日本製。

 

特に気にしていなかった

ことが、外から評価されたことで

意識が変わっていったのではないでしょうか。

 

日本製ってなんだろう。

 

日本で作れば日本製というだけでは

そんな評価はいただけないと思います。

日本にずっと根付いてきた文化が

大きく関係しているはず。

 

自分たちが当たり前と思ってやっていることは

海外では当たり前ではない。

 

私がものづくりをしている中で

感じるそんなお話しができればと思います。

 

職人さんはいつも、私の難しい要望を叶える

ため、いろいろなことを編み出してくださいます。

 

やったことのないことだったり

 

手間のかかりすぎることだったり

 

申し訳ない、と思いながら

お願いするのですが、

基本的にNoを言いません。

 

断れない

 

と言ってしまえばそれまでですが、

日本人にはなんとかして、相手の要望をかなえたい、

という遺伝子があるのではないかと思います。

 

具体的なものづくりですごいと思うのは、

繊細さと丁寧さです。

 

ディテールを大切にすること

 

気遣いの発想

 

これは日本人にしかできないのではないかと思います。

例えば、

セロテープを貼り付けた時、端の部分を折り曲げて

剥がしやすくする

とか

箱の中に商品をうまく入れられるよう梱包資材や

紙を使って設計したり

日本人の細かな工夫は

日本の中では常識として根付いていますが、

海外の方には驚きのようです。

 

職人さんの細やかな仕事を見せてもらっても、

壊れないための工夫や、一手間をかけることで綺麗に見せる、

芯材の曲げ方で使いやすく作るなど、

この技術は素晴らしい

こんなところに気を配ってくださって

と、思わず嬉しくて叫びたくなることが多々あります。

 

見た目ではわからないところに力を注ぐ

真面目さ

日本人らしさはいたるところで感じます。

 

素晴らしい日本製ですが、

ひとつ日本人のものづくりで欠けていること

をあげるとすると、

真面目すぎる

ということです。

 

遊び心を取り入れる

 

大胆さと繊細さをミックスさせる

 

職人さんの特徴を考えながら私が

デザインで意識的にやっていることです。

 

made in Japan

がもっともっと発展できるよう

探求していきたいと思います。

 

仕事でお世話になっている方のつくる

made in Japan商品を

今月から店で少しずつ紹介することになりました。

同じ気持ちでやっている

発想が似ている

と思えるものたちです。

バッグを購入する際

何を重視しますか?

素材、サイズ、見た目の好み、ブランド、

最近よく聞かれるのは軽さというのもあります。
たくさんの方にお聞きすると、

もっともっといろいろなご意見を
伺えそうです。

私がものづくりの上で

いつも迷ってしまうのは、開閉方法を

どうするかということです。

トートバッグやポシェットをつくる際、

アウトラインのサイズや作り方が決まっても、

開閉をファスナーにしようか

マグネットにしようか、

最後まで決められません。

マグネットにすると、ファスナー派の方に、

「持っていて心配」

と言われます。

ファスナーにすると、オープン派の方から、

結局「ファスナーを開けたまま使うので、

ものを取り出す時、ファスナーが邪魔になる」

と言われます。

オープン派の方は、開閉に手間をかけないで使いたい

との思いがあるようですので、

マグネットがあれば十分という方がほとんどです。

見た目に大好きと言っていただいても

ファスナーがなければ・・

ファスナーがついていれば・・

とお客様がおっしゃるのをお聞きしているうちに

どうにかして二つの考えを一つのバッグに取り入れられないか、

と思うようになりました。

そうして出来上がった新作バッグです。

 

開閉はファスナーとマグネットで行います。

ファスナーの幅を狭くし、

ファスナーを開けたままマグネットを

使用してもファスナーの存在が気にならない。

そんな仕様です。

私自身はオープン派ですので、

普段はファスナーを開けたまま使用し、

人混みや旅先でファスナーを閉めて使ってみよう

と考えています。

アイディアは、お客様のニーズから生まれてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持っているものと似ているのに

つい同じようなものを購入してしまう。

 

そのような経験はありませんか。

 

 

私はいつも似たような服装をしていて

買い物に行っても、つい同じようなものを購入してしまいます。

 

同じものが欲しい

と思って買い物に行くわけではありませんが、

結果そうなってしまいます。

 

明確にこういうものが欲しいと思って

出かけることもありますが、

思ってもいなかったものに出会いたい

と思いながらの日もあります。

 

思ってもいなかったもの

とは、

自分の許容範囲内で潜在的に好みであったもの、

という感じでしょうか。

 

ポイントは、範囲内のもの

ということ。

 

ブランドというのはイメージも含め、

そこに行けば自分らしいものがある

ということだと思います。

 その範囲と内容を決めることが

デザイナーの仕事だと私は考えています。

 

思ってもいなかったもの

 

 になってくれると嬉しいと思いながらつくった

リザード素材(トカゲ)の小さめサイズのハンドバッグです。

 

IMG_2576

 

私の好きなもの

追求するテーマ

の中の一つに、

「赤とピンクを組み合わせる」

ということがあります。

 

このバッグは、正面から見るとピンク色ですが、

 

IMG_2577

 

 

真横から見ると赤

 

IMG_2578

 

そして、底も赤です。 

 

 

お店にディスプレイしたところ、

お客様から好評いただいています。

 

近く、同じイメージの小物や

バッグを発表したいと考え、革の出来上がりを

待っているところです。

 

 

 

 

 

 

 

今年もあと僅かとなりました。

 

一年の間、商品を通じてたくさんの出会いをいただきました。

 

改めてすべての皆さまに感謝申しあげます。

 

今年は、本当の価値について考えることの多い年でした。

 

10年前、試行錯誤してつくった商品を、

今も気に入って使っていますとおっしゃってくださったお客様。

 

大切に使っているので状態が変わらず、持っているとほめられます、

とおっしゃっていただきました。

私の手から離れてからの10年の間、

バッグはお客様を楽しい気持ちにし、いろいろの場所に行き、

ほめてもらってたくさんの役目を果たしてくれたとお聞きし、

うれしくなりました。

ものの本当の価値というのはお客様が決めてくださると思いますが、

後々にならなければわからないと感じます。

 

修理を承ってバッグを解体した時のこと。

今は亡き職人さんの丁寧なお仕事ぶりを見ることができました。

目に見えない部分にも手を抜くことなく

丁寧に仕事をしてくださったことで、

結果として全体の雰囲気を作り出し、壊れにくいバッグに仕上がっています。

 

 

価値を感じるまでには時差があります。

 

今やっていることはこれから先に判断される。

そう思うと緊張してしまいますが、お客様のご要望をお聞きしながら、

楽しく表現できればと思います。

 

 

 

 

来年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top