ブログ

mayumi kondoのものづくりは、

素材選びと

オリジナルの色づくりからはじまります。

 

メイン素材の3つの柱は、

 

「イタリアンアート」

「金唐革」

「クロコダイル」

 

小物用として、

「スティングレー」

があります。

 

サイトのMaterialのページに

それぞれの説明と色柄の見本がありますので、

ぜひチェックいただければと思います。

 

新作づくりはそれぞれの素材ごとに、

これまでやったことのない色などを

考え、つくっていきます。

 

普段は商品をお見せしながら革の新作を

ご紹介していますが、今回は革をお見せし、

商品にするとどのようになるか、

また、最近出来上がったばかりの革そのものの

画像をご紹介したいと思います。

 

イタリアンアート

レオパードフラワー柄の中で

最近の人気色はブルーパープルです。

 

ia_leo_blue1

 

革全体を見ると、ブルーの間にパープルがラインの

ように配置されていることがわかります。

 

 

バッグや小物にすると、

大きな革と比べ、部分的にしか見られなくなりますが、

ブルーの配色が多めになることは変わらず、

パープルは効果的に配置してくれます。

 

M-0454PPBUPP 

 

MS-0447BUPP

 

イタリアンアート、今年の新作は、

Lisca(リスカ)です。

 

 

 

Img2015-07-27_00521

この革は、ベージュ地の子牛の革に

ピンクと黒を配色しています。

 

 

Img2015-07-27_00601

 

そしてもう一色は、

黒地の子牛の革に

黒とパープルのシックな配色に

してみました。

 

 

それぞれとても合わせやすい色合いです。

現在、この革に似合う、新作バッグや小物をつくるよう

思考錯誤中です。

 

 

 

次は、金唐革の新色です。

 

アラベスクRD2000px

 

 

アラベスク柄は、

下地に赤を置き、

赤を効果的に感じられるよう、

花、葉、茎などはすべてシルバーにし、

輪郭部分にゴールドを軽めに塗って

もらいました。

 

 

クリスマスローズTQ2000px

 

 

クリスマスローズ柄は

下地をターコイズ色にし、

全体にインパクトをもたせるため、

花、葉、茎などをすべてゴールドの強めの

濃淡色にしてもらいました。

 

心惹かれる革が出来上がってくると、

商品づくりの時にも気分があがります。

 

アラベスク柄の黒シルバー

 

アラベスクBL2000px

 

 

この革が出来上がってきた時、

ひとつのバッグの画像が目に浮かびました。

それがダブルハンドルハンドバッグです。

 

M-0475BLK--02

 

 

革の力は絶大です。

私の場合、バッグをデザインするためには、

よい素材、色が必須だと感じます。

 

 

 

絶大なパワーを持つクロコダイル。

このところの人気の色は、ピンクゴールドです。

 

2.クロコダイル ピンクゴールド Pink Gold

 

 

大人のかわいらしさを表現できていると思います。

 

 

 

M-0302PG

 

商品にしても華やかです。

 

 

 

 

つい先日、クロコダイルの新色の色目を

思いつきました。

 

秋までに革から商品になれたら、

と思います。

 

今から想像しながらうきうきしています。

 

すべての新作の革たちがどのような商品になったか・・。

またサイトの中でご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も一年があっという間に過ぎていきました。

 

 

新しい素材の開発

 

新しいデザインのバッグをつくること

 

mayumi kondoを紹介してくださる企業の方々

 

そして、mayumi kondoを

知ってくださったお客様

 

スタッフ

 

すべてに、新しい出会いをいただきました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今年は新しいことへのチャレンジもたくさんあり、

数々の壁にぶつかりながら、いろいろな経験をさせていただきました。

 

ものをつくる仕事は楽しい反面

思うようにいかないことも数多くあります。

これでよい、と思うことは決してありません。

困難なことは、経験が勘を呼びおこしてくれます。

 

わかりきったこと、今できていることに満足するのではなく

来年もまだやったことのないことに

チャレンジしたいと思います。

 

そんな思いをもてるのも、お客様との出会いがあるからです。

 

バッグへの理解をいただけた時、

ショップにいる時間が自分を癒してくれる、

とおっしゃっていただいた時、などなど・・

 

本当にうれしくなります。

  

お客様がショップにバッグを持って

遊びにいらっしゃった時もまた、言葉では表せない

特別な気持ちになります。

 

気に入って使っています。

大切にしています。

コーディネートどうですか。

 

 

 

IMG_0498

 

 

IMG_0554

 

IMG_0538

 

IMG_0602

 

IMG_0776

 

IMG_1124

 

そう言っていらっしゃる素敵なお客様から

たくさんのことを勉強させていただきます。

 

来年もひとつひとつ丁寧に

気持ちを込めていきたいと思います。

 

 

 

数ヶ月前、お客様からお手持ちのイタリアンアートバッグの

パールトーン加工の依頼をいただきました。

 

私はそれまで、パールトーンさんのお名前は知っていましたが、

布に施す撥水加工という認識しかもっていませんでした。

 

すぐに問い合わせをしたところ、

革にも加工ができることをお伺いしました。

そして、イタリアンアートに使用している

毛足の長い子牛の革や毛皮にも加工したことが

あります、というお話しや

水を弾くだけでなく防カビの効果があることもお聞きし、

早速端革で試作をお願いしました。

 

2週間ほどして、端革のパールトーン加工が

出来上がり、革の風合いを損ねることなく

加工することができることがわかりました。

 

それからすぐにお客様にご連絡をし、パールトーン加工を承り

お納めしたところ、とても喜んでいただきました。

 

今、mayumi kondoでは、

バッグをお求めのお客様にパールトーン加工を

おすすめしています。

 

 

私たちの仕事は、お客様のご要望をいただき、それを勉強することで

知識やスキルを身につけ、よりよいものにバージョンアップ

させてもらっています。

お一人お一人の貴重なご要望やご意見に、いつも感謝しています。

  

 

私は今年の新作「レオパードフラワーセミショルダーバッグ」の

ピンクを先週から使いはじめました。

 

M-0473PK--02

 

 

 IMG_1122

 

 

大きめサイズですので、書類やパソコンなどを入れ、

デイリー使いにしています。

少し重くなりますが、肩にかけ

脇に抱えるように持つことで、

バッグを揺らしながら手で持つよりも

重みを感じにくくすることができます。

 

 

私は黒やグレーの服装をベースにし、パープルやピンク、

赤、白、シルバーなどを差し色にしていますので、

イタリアンアートのピンクとオーストリッチの黒との

コンビネーションがいろいろな服装に合わせやすく、

出番の多いバッグになりました。

 

私のバッグにも もちろんパールトーン加工をしています。

 

何よりもうれしいのは、雨が降るかもしれない、

という予報の日にも、怯まず持って出かけることができる

ことです。

 

実験で水を落としてみました。

水はしみ込むことなく、大きな水玉ができ、バッグから流れ落ちました。

 

IMG_1130

 

 

素晴らしい技術は半永久的に保つことができるとのこと。

強い味方を得ることができ、本当にうれしいです。

 

 

ものを選ぶ際、どのようなことを基準にしていますか。

 

 

デザイン、素材、色、柄の好み、実用性、価格の適正、

ブランド力、つくりのよさ、耐久性、

他の人がもっている、誰ももっていない、

オーダーメイドでつくることができる=自分らしいものを

つくることができる、会社の背景=信頼、

周囲の意見、販売する人への信頼など、

 

身の回りにあるものは、そんな中の何かを感じ、

選んでいると思います。

 

アイテムによって基準は変わると思いますが、

私は、素材、デザイン、色、実用性を重視しています。

 

家電やパソコンを選ぶ場合は、実用性が一番になりますが、

それでも素材がまず気になります。

食や住に関するものも同様です。

 

素材のよいものは耐久性があり、飽きがこないので、

永いおつき合いが可能です。

 

気に入ったものを手に、愛着をもって使いたいと思っています。

 

mayumi kondoのバッグに使っている素材は、

一枚一枚吟味して選んだものばかりです。

 

そんな大切な素材は、バッグやお財布を裁断した後の

残った部分も最後まで使い切るようにしています。

 

 IMG_1292

 

 

M-0473PK--02

 

 

 

IMG_1290

 

 

 

M-0404BLSV--03

 

 

 

 

残りの部分は、小さなパーツを組み合わせた

お財布や小物入れなどをつくり、

 

coin-case-pink

 

0426_115.ajpg

 

 

 

 

 

さらにその残った部分は、

チャームやファスナーの引き手にしています。

 

saifu-s-pink-01

 

IMG_1081

 

 

小さい部分も十分主役級の役割を果たしてくれます。

 

今月、ショップでは、初めて「端革フェア」を行います。

 

バッグや小物をとった残りのクロコダイルや

イタリアンアート、オーストリッチ革を

お客様にご覧いただきながら、

予め用意した型紙に合わせて、小物などをオーダーで承ります。

革の取り方はお客様に選んでいただきますので、

自分だけのオリジナルの組み合わせも可能です。

 

 

この機会に、オーダーの楽しさを感じていただきたいと思っています。

 

革にはすべて、

品番がつけられています。

 

管理するためには便利ですが、

味気ないので、色や柄ごとに

名前をつけるようにしています。

 

1人1人に名前があるように、名前をつけると、

特徴をイメージすることができ、

親しみやすさを感じます。

 

革の名前、色の名前は、

素材を見た印象でスタッフや私が考えます。

 

イタリアンアート革に関しては、

革をつくってくれているマシモさんが

つけた名前をそのまま使うこともあります。

マシモさんは、先に何かをイメージしてから

革をつくることが多いため、その名前が

ぴったり革と一致しているのですごいです。

 

 

 

レオパードグリーン

 

 

 

「レオパードフラワー」は

その名のとおり、

子牛の革をレオパード柄にプリントし、

花の図柄をレザーカットした後、柄部分に色を塗り、

金属箔を入れています。

 

”アニマル柄と可憐な花柄”

 

通常併せることのない組み合わせを

大胆にまとめた、印象深い革です。

 

 

 

1ia-gr-main-1000px

 

 

グリーンは、アイコンバッグで

人気のカラーです。

 

 

 

materials_itarian_pic04

 

 

「ヴェルサイユ」は、ベージュのベースカラーに

13種類の色を塗り分けた、華麗で洗練された

イメージです。

 

M-0461BMTPK

 

バッグにすると、やさしいイメージをもたせてくれます。

 

 

 

 

 

 

materials_itarian_pic05

 

 

「カサノバ」は、イタリアの魅惑の騎士

カサノバからインスピレーションを

受け、マシモさんが黒とシルバーの

世界をつくり出してくれました。

 

 

この革は本当に不思議で、

 

M-0404BLSV--03

 

大人のイメージも

 

M-0461BLSV

 

 

かわいいイメージもありますので、

いろいろなバッグをつくることができます。

 

 

さすが、カサノバ。

という感じです。

 

そしてこの秋、

新しい革でつくった新作バッグを発表します。

 

 

 

 

革の名前は「ローマ」。

黄金時代のローマの栄華を思わせる

ゴージャスさをイメージして名づけました。

 

 

newROMA03

 

 

 

 

グリッターという技法で、

レザーカットした柄の部分に松ヤニを塗り、

ゴールドとブロンズのラメ粒子を貼り合わせています。

 

 

materials_itarian_pic06

 

箔を一部に貼ることはグリーンのレオパードフラワー革

などでこれまでもやってきました。

 

ですが今回は、柄全体をゴールドとブロンズの組み合わせで

キラキラにしたいというのが私の希望でした。

 

これにはマシモさんもかなり悩んだと聞きましたが、

新しい技法を考えてくださり、

思いを叶えてくれました。

 

 出来上がった革は私の想像をはるかに超えていて

驚きと感動と感謝が一気にやってきました。

 

すぐにイメージしたのは、

 

ゴールドとブロンズの色に合わせた

2色のチェーン遣い

 

クロコダイルをあわせる

 

様々な場面で雰囲気を変えて持てる

 

というキーワードでした。

 

試作を繰り返し、

ようやくバッグが完成しました。

 

M-0480GBZ--02

 

 

”ローマ”レザーは前面だけで、その他はクロコダイルレザーを

使用しています。出来上がったバッグは、クロコダイルのみを使用した

バッグ以上の高級感とセクシーさを兼ね備えた

 

ジュエリーのようにお持ちいただきたいバッグになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハート型のオリジナルハンドルを使った「Love Me」。

ニューバージョンはカサノババッグです。

 

 

 

 

大人のかわいらしさを表現したい

 

という思いでつくった「Love Me」。

 

 

Love-me_2014_summer_HP_top

 

 

今回は、カサノバのクールさとハートの組み合わせが新鮮です。

 

 

M-0461BLSV--02

 

 

 

 

 

新しいデザインを考えてから、形になるまでには

かなりの時間を要します。

 

「Love Me」は、昨年の初め頃思いつき、

その年の後半にようやく思い通りのものが

出来上がりました。

 

ひとつのバッグが出来上がると、

次につながるデザインは比較的簡単に考えつきます。

 

クロコダイルをあわせたり、

 

 

 

M-0468LBU

 

 

今回のカサノバでつくったり、

 

ひとつのデザインがいろいろ拡がりをもたせてくれ、

ヴァージョンアップもさせてくれます。

 

ひとつめを考え、完成させることが

私の一番の仕事で、神経を使うところです。。

 

私のものづくりの方法は、

頭の中にふっと浮かんだ画像にテーマをつけて、

イメージを書き出したり紙で細部をつくったりしながら

ディテールを決め、バッグのデザインを構築していきます。

 

そうして出来上がったバッグを

職人さんから受け取る時が一番緊張する瞬間です。

 

第一印象を大事にしていますので、

その時感じたことを忘れないように書きとめるようにしています。

 

その後は、持ってみた姿を鏡に映して

フィット感や持ち心地を確認します。

 

初めての素材やデザインは自分で使って、

使い心地や持っている時の気持ちよさなどを

感じるようにしています。

永く使ってどうなるのか、など知るためでもあります。

 

今、手がけているデザインは、

来年の今頃、発表できるかどうかといった感じで、

現在、試行錯誤中です。

 

「見てGood」

 

「持ってBetter」

 

「使ってBest」

 

と思っていただけるものづくりが目標です。

これまでたくさんのバッグや小物をデザインしてきました。

 

経験を重ねたことで、わかったことや気がついたことは無数にあります。

 

その中で私が「zipangu」ブランドをつくるきっかけになった

 

素材選びはたし算、つくりはひき算

 

という言葉についてお話ししたいと思います。

 

私にとって、素材は商品づくりの中で

もっとも大切なものです。

一目見て、感動できるような素材をつくり出したいと

いつも思っています。

 

素材は、メインになるもの、付属として使うもの、

裏地、金具やファスナー、糸、芯材など様々ですが、

それぞれよいものを選び出し、プラスすることで

商品を格あるものにしてくれます。

 

ある日、ひとつひとつの素材についても、

たし算の考え方でつくると

よいものができるのではないかと思い、

クロコダイル革に金箔を貼り合わせることを思いつきました。

 

高級感のあるもの同士をプラスし、出来上がってきた

金箔クロコダイル革は、これまで見たことのない

圧倒的なパワーと躍動感、エネルギーを感じることができました。

 

また、つくりはひき算というのは、

複雑なものをよりシンプルにすることです。

 

素材の切り替えを多くしたり、ギャザーをよせたりなど、

一見して複雑なつくりのものは、単純にみえる

つくりのものと比べ、全体の雰囲気に気を取られ、

細かなところに目がいかなくなります。

 

それに対して、つくりの工程で、膨大すぎる作業量や

複雑な考え方をマイナスすることで、その商品のよさを

最大限に発揮することができると感じます。

 

それにはあらゆるものを削ぎ落とし、計算され尽くした

デザインや職人の腕が求められます。

 

金箔クロコダイル革は、素材のもつパワーと上品さを

活かすよう、よりシンプルなデザインにし、

試行錯誤を繰り返し、つくり方も手順にもこだわりました。

 

よいものをつくるには、最高の素材と技術が必要です。

 

素材をたし算、つくりをひき算にすることは、

メードインジャパンの素晴らしさを形にすることと思っています。

旅行の際、バッグをいくつ持って行きますか。

 

 

 

服装やシチュエーションに応じて、いくつか用意したいけれど

かさばるバッグをいくつも持っていくことができない。

そんな経験から、私は出張や旅行の際、ペタンコバッグを

いくつも持参しています。

 

 

 

ペタンコバッグとは、マチ幅のほとんどないバッグのことです。

 

一見入らなそうに見えて、実は思った以上に入れる

ことができる便利で実用的なバッグです。

 

 

 

カジュアルな大きめのバッグ、

きちんとした仕事用のバッグ、

ディナーの時にも持てる少し小さめのバッグ、など、

持ってくればよかった、と後悔しないよう、揃えます。

 

 

 

最近、私が使っているバッグは、

 

 

 

底を外すと折りたためてペタンコになる「ペタン」

 

0522-C

 

0522-B

 

 

このバッグは、たくさんの荷物を入れられますので、

旅先で長い時間移動する場合に、

本やパソコンなどを入れて持ち運んでいます。

 

 

そして、A4サイズが入れられ、フォーマルにも持てる、

マチなしのクロコダイルショルダーバッグ。

 

IMG_0007 (1)

 

 

このバッグを持つだけで、きちんとした印象に

なりますので、つい出番が多くなります。

クロコダイルのよさを感じながら

永く愛用しています。

ペタンコなのですが、A4サイズの書類や

ひととおりのものが入れられます。

 

 

 

次は、雨が降っても安心な、折りたためる

ナイロン製カジュアルバッグ。

 

IMG_0005

 

このバッグは、何か買い物をしてもこの中に

入れれば大丈夫、という安心感をもたせてくれます。

軽いのも魅力です。

 

 

最後は、おしゃれをして出かけたくなる

イタリアンアートチェーン付きバッグ。

 

IMG_0006

 

このバッグは、あまりものを入れなくても

よいシチュエーションで使います。

セミショルダーで持って、楽しんでいます。

 

 

これらすべてをスーツケースに入れても

ほとんど場所をとりません。

 

 

もちろん、家の中にバッグを収納する際にも、

コンパクトにまとめられます。

 

 

 

 

デザインとは生活そのもの、といつも思っていますが、

こんなものがあったら、という発想で、

いろいろ工夫のある、

「ありそうでない」とびきり楽しいバッグを

つくり続けたいと思います。

 

新ブランド「zipangu」は、

日本の伝統工芸とのコラボレーションにより

生み出された商品を世界に発信するためにつくりました。

 

zipanguを立ち上げたことで、

永年こだわりをもってものづくりを続け、

数々の実績を残して来られた方々とお会いする

機会ができました。

技術はもちろん、お人柄にも感動する日々です。

真のmade in Japanの素晴らしさを

伝えられればと思っています。

 

今回は、ロゴマークの刻印をつくってくださった、

赤塚刻印製作所のマイスター赤塚さんを

ご紹介したいと思います。

 

指輪の中にある刻印や、

お菓子や蒲鉾に押している焼印など

日頃、何気なく目にしている刻印ですが、

実際にそれをつくる工程を見せていただき、

細かさや技術力に驚きました。

 

私のリクエストは、2.1cmの幅に

zipanguの7つの文字入れて欲しいということです。

刻印は、押した時にきれいに見えなければならないので、

どのようにつくればよいか逆算する必要がある

とのこと。

 

文字を見ながら相談しました。

 

IMG_0558

 

問題は、gとuの間にある二本線。

 

zipangu_Logo_2015

 

二本の間が0.3mm以上ないと、きれいに押すことが

できないそうです。

 

特殊なルーペで測ってみたところ、おっしゃるとおり

0.3mm以下でした

 

 

 

IMG_0560

 

IMG_0559

 

見た目には影響がないということでしたので、

二本線の間隔が0.3mmになるよう、

デザインの変更をお願いしました。

 

IMG_0534

 

たくさんの道具を使って

 

IMG_0536

 

手作業で彫っていきます。

 

ルーペで見なければわからない

細かさです。

 

IMG_0670

 

刻印作業が終了したら、固くなるよう表面を焼き付けます。

 

打ち合わせから数ヶ月後、

出来上がりのご連絡をいただきました。

 

取りに伺った際、

「これで何万回押しても大丈夫ですよ。」

と言われました。

 

IMG_0694

 

何万回も押すことができるようなブランドに

なれるようがんばろうという思いと、

これだけ立派な刻印に負けない

ものづくりをしなければという思いを胸に、

心地よい緊張感をもちながら、zipanguと

向き合っています。

どんなジャンルにも、超越したというに相応しい人やものが

存在すると思います。

 

超越の意味をみると、

普通に考えられる程度をはるかにこえていること。

ある限界や枠をはるかにこえていること。また、その物事から

かけ離れた境地にあって問題にしないこと。

とあります。

 

 

これまでの常識では考えられない、

見たことのない,

誰にも真似できない、

ということでしょうか。

 

私はいつもイタリアンアート革を、

革の常識を超えている、と感じています。

 

イタリアンアート革を考え出した、マッシモさんとの出会いに

ついては、過去のブログにも書きましたが、

この出会いにとても感謝しています。

 

超越したものは、好きとか嫌いという対象を超えて、

ただただすごいと感じるものだと思います。

 

 

私にとって、そんなイタリアンアートですが、

更に違う表現方法があるはず、

という私の思いをマッシモさんが叶えてくれました。

 

 

それが新作のマーメイド革。

ハンドバッグをつくりました。

 

M-0382BUPK

 

アップでみると、わかるでしょうか。

 

M-0382BUPK--06

 

色のついた部分はグリッター加工で、

すべてにキラキラした粉末を貼り合わせています。

イタリアンアート革をこれまでとはまた異なる形で

華やかで上品に仕上げてもらいました。

 

あまりにパワーのある革になったので、

どんなものをつくるべきか、長い時間考え、

ようやくバッグを完成させることができました。

 

 

新しいものを生み出す作業は、楽しくもあり、

同時に大変さもありますが、考察することで

多くのことを考え、試すことで次なるヒントがうまれてきます。

 

チャレンジはまだまだ続きそうです。

page top