ブログ

人間に気持ちがあるように、革にも気持ちがある、

とずっと思っていました。

 

ものごとには行きたい方向がある。

ずいぶん前に、スープの会で知られる、辰巳芳子さんの

記事を読んだことがあります。

それは、野菜にはそれぞれ行きたい方向があり、本来の持つ力で

健康が頼れる、という考え方です。力を発揮させてあげることが

本当の味を出してくれるので、じっと待ってそれを妨げないこと。

私はそれを、素材がわからなくなるような

味つけを施す必要はない、と解釈しています。

 

私のものづくりも、革の行きたい方向に沿って、

素材の持ち味をなくさないよう、柔らかい素材は

ソフトなものをつくるなどの考えで、すすめてきました。

 

ある日、革1枚のカタチを尊重したバッグを思いつきました。

pink

人間に身体的な違いがあるように、革にも個体差は存在します。

しかしながら、通常ひとつのバッグを仕上げる場合、

型紙にあてはめカットされてしまうため、どんな革も個体差は

まったく無視されてしまいます。そこで、革のきもちになって、

革の大きさそのままを使って、

型紙にあてはめないバッグをつくってみることにしました。

pink

01

pink

IMG_0484

pink

クロコダイルパーティバッグは、革1枚を折りたたんで

両サイドを縫い合わせ、つくっています。

横幅も上部の左右も、革の大きさに依存しています。

もちろん、つくる度にサイズも雰囲気もバラバラです。

pink

0419b

pink

サーモントートバッグは、サーモン革1枚1枚を縫い合わせ、

プレート状にしたシートを使って、トートバッグに仕上げています。

IMG_2416

pink

バッグの上部は、革の上下の端をそのまま使っています。

M-0419.03

pink

こちらのバッグも、つくる度にサイズも雰囲気もバラバラです。

出来上がったバッグを並べると違いはありますが、

それぞれ個性がしっかりと感じられ楽しめます。

pink

職人さんは、初めは戸惑っている様子でしたが、この頃は、

革なりでお願いします、という言い方で、

理解してくれています。

pink

「同じものが二つとない1点ものという感覚ね」

お客様は、そうおっしゃいます。

人も革も、個性をのばしてあげるとおもしろい、

そう感じます。

何気なく使っている「デザイン」という言葉ですが、

私にとってデザインは、素材や色、形を決めること

だけでなく、使い心地や持ちやすさ、他のものとの

マッチング、飽きのこない落ち着きを感じるバランス

や配慮、驚きや華やかさなど、毎日の生活そのものを

描けることと考えています。

pink

ですから、デザイナーは、実用と美の両方にこだわら

なければならないと思っています。

pink

今回は、デザインという視点で、ひとつのバッグを

つくる工程をお話しします。

pink

デザイン画を描く前に、まず用途や全体のイメージを

考えます。女性用のバッグは、見た目に夢があり、

もち心地や軽さなどを優先し、財布や男性用の鞄は、

毎日使っても壊れない、耐久性と機能性を重視し

ながら、持ち方やシーンを決めていきます。

pink

次に、おおよそのサイズを決め、メインになる素材を

選びます。素材と用途、イメージがマッチすることが

デザイン上、とても重要です。合わせる金具や裏地

などは、イメージにパワーを加えてくれますので、

こだわりながら選びます。この段階で、頭の中に

ひとつのバッグが思い描けていますので、それを

具現化するために、紙で模型をつくりながら、カタチ

を極めていきます。紙の模型を実際に持ってみて

身体にどれだけフィットするかを感じたり、手ひも

の幅は、見た目も考えながら手で触る部分のみ微妙に

狭くしたり、バッグを持った時どんな気分になるか

なども想像しながら、模型の段階でおおよその予測

をしながらつくりあげます。

pink

それらの作業が終わったら、一旦そのバッグのこと

から離れ、数日寝かせることにしています。

それは、つくっている段階でいろいろな思いが入り

すぎ、客観的にみられなくなることがあるので、

冷静になってから見直すためです。

pink

そんな工程を経て、職人さんとの打ち合わせをし、

つくる作業に入ります。

pink

デザインをする上で、もうひとつ大切にしていること

があります。それは、だんだん好きになれるかどうか、

ということです。

pink

初めに見て好きになり、

手で持ってみて、フィット感や軽さ、相性のような

ものを感じ、

使ってみて、持てば持つほど好きになる。

pink

そんなふうに、愛着を感じるバッグはどのような

ものか、いつも考え続けています。

pink

持ってくださる方のことをおもい、使ってよかったと

おっしゃっていただけるような本物のデザインが

できるよう、その時その時、精一杯のことをやって

いきたいと思います。

ブランド名にはいろいろな思いが込められています。

「mayumi kondo」は、デザイナーである私の名前ですが、

時代によってイメージが変わらない揺るぎないもの、

という理由と、名前を出すことで、商品に責任をもちます、

という気持ちで名づけました。

pink

もうひとつのブランド「CU2(シーユーツー)」は、

たくさんの意味をこめています。

pink

”see you” シーユー また会いましょう を繰り返す CU2

pink

商品コンセプト、

Cool & Useful” かっこよくて 使いやすい

Cute & Unique” かわいくて おもしろい の頭文字をとった CU

pink

テーマ、

Celebrating the Usual?” 毎日をお祝いしていますか?

=日々を楽しましょう の CU

pink

cu2logo

pink

ロゴマークは、こちらです。

pink

「CU2」は、

おもしろい素材同士を組み合わせたりしながら、

持っていて毎日が楽しくなるものづくりを

心がけています。

pink

梅雨になり夏がくると、「CU2」の定番になっているのが、

ビニール素材を使った、3Dバッグとバックルベルト ショルダーバッグです。

pink

ビニールは、水濡れに強い丈夫な素材です。夏らしさを感じる素材ですが、

色や柄をつけなければ、中に入れたものが見えてしまう特徴があります。

pink

元々きちんとした印象にはなりにくいと思われがちですが、

私は、加工方法で、カジュアルになりすぎないおしゃれなバッグを

つくることができると思っています。

pink

CU-0012BL--04

pink

3Dバッグは、その名のとおり立体的に水玉が浮き出てみえる

ビニールを使用しています。

pink

CU-0012BL

pink

ポイントとして、中央に水鳥の羽根を挟んで、

清涼感を感じられるトートバッグをつくりました。

ロングランで好評いただいているシリーズです。

pink

CU-0022TQ--02

pink

バックルベルト ショルダーバッグは、ハートの型押しをした

黒の半透明のビニールを使用しています。

pink

CU-0022TQ--03

pink

ビニールの表と裏を逆にし、ハート柄が凹んだ部分を

表面に使用することで、大人の可愛らしさを表現しました。

レバノンから取り寄せた、ユニークなバックルを合わせ、

ベルト部分はビニールの表側を使用することで、

メリハリのついた、楽しいバッグに仕上げました。

pink

凹んだハート柄を表にしたことで、

摩擦による傷がつきにくくなったのもよかった点です。

素材を知り、特徴を考え活かしながら、これからも、毎日が

楽しくなるCu2らしいバッグをつくり続けたいと思っています。

mayumi kondoの中で絶対的エースといえば、

「レオパードフラワートートバッグ」でした。

1ia-gr-main-1000px

pink

それが近頃、その座を脅かす存在が出てきました。

pink

「カサノバハンドバッグ」です。

pink

M-0404BLSV

pink

カラフルでバッグ自体の存在感たっぷりの

「レオパードフラワートートバッグ」と、

シックな印象の「カサノバハンドバッグ」。

pink

人気の秘密、というと大げさですが、私自身が

カサノバの革をどう解釈し、デザインしたかについて

お話しします。

pink

カサノバと名付けたのは、イタリアンアートをつくって

くださっているマッシモさんです。

由来は、イタリアの魅惑の騎士、ジャコモカサノバから

きています。マッシモさんがどのような気持ちで

その名を付けたか知りたかったので、最初の革が

出来上がった時、彼のことを調べてみました。

pink

ジャコモカサノバは、17~18世紀のヴェネツィアに実在し、

時にビジネスマン、外交官、スパイ、政治家、哲学者、

魔術師、作家など、単一の生業を持たず、ヨーロッパ内を

転々としながら、ウィットに富み、社交性と幸運をもちあわせた

おかげで様々な困難を切り抜け生きた、世紀のプレイボーイ

としても知られた存在だったそうです。

pink

なるほど、かなり魅力的であったことは、よく理解できました。

黒とシルバー箔の世界の中で、一見派手で、しかもシックで、

自己主張がしっかりとあり、それでいて誰とでも相性のよい、

不思議な魅力を感じてもらえること、というキーワードを

持たせることを思いつきました。

pink

具体的なデザインにそのキーワードをどのように当てはめるのか

考えましたが、難しい計算などしすぎず、

普通にしているだけで、人が集まってきたのがカサノバだと

勝手に解釈をし、これまでお客様からご要望の

多かった機能を取り入れた一見ベーシックな

ハンドバッグをつくりました。

pink

IMG_0547

pink

外側にポケットがあること、

pink

IMG_0548

pink

内側にファスナーつきの仕切りポケットがあること、

pink

手でも持て、ショルダーでも持てること

pink

そして、あわせる革はオーストリッチの黒です。

pink

他にこだわったことは、

この革を目立たせるため、見えるところに

金具をいっさい使用しないということです。

(底びょうには、金具を使っています)

pink

M-0404BLSV--05

こうして出来上がった「カサノバハンドバッグ」は、

革の見た目だけでなく、機能面でも、

「レオパードフラワートートバッグ」と真逆の

ものになりました。

pink

唯一の共通点は、

pink

いつ見ても飽きないということ。

pink

次なるエースが出てくるまで、

この2つのバッグが活躍してくれそうです。

映画を観ると、本編(完成品)よりもメイキング

(過程)が気になります。監督は、自分の思いや

こだわりをどのような方法で伝え、形にしている

か。キャストやスタッフが、どうやって監督の意

図を組み、一定のモチベーションをもって自分の

役割を妥協なくやり抜くかなど、どれもものづく

りに欠かせない要素が詰まっていますので興味深

く、その方法や心理に惹かれます。

pink

ですから、好きな映画はDVDを買って、メイキン

グ映像を何度も見てしまいます。

ジャンルや規模は違っていても、バッグや小物を

つくる際、私がイメージしたものが実際の商品に

なり、販売スタッフを通してお客様の手に渡るま

で、たくさんの人が関わってくれています。その

すべての間にいて、気持ちをリレーしてくれるよ

う伝える役目は映画監督もデザイナーも同じと

っています。

pink 

バッグや小物がどうやって出来上がるのか、

新作のキーケースを例に、mayumi kondoの

メイキングを、一部ご紹介します。

pink

IMG_0511a

pink

イメージを形にする デザイン画

微妙な曲線を重視する場合、デザイン画は、

パソコンのソフトは使用せず、

鉛筆のかすれ具合を利用し、調整しながら

形を完成させます。

pink

IMG_0504

pink

用途にあわせ、サイズを決定

今回はキーケースを作成しますので、

鍵を入れられるよう、デザイン画を縮小や

拡大しながらあわせ、型紙を作成します。

pink

IMG_0507

pink

素材を選ぶ

デザイン画をみながら、イメージにあう革と

色を合わせ、選びます。

pink

IMG_0503

pink

実際につくってみる

型紙にあわせ、紙や革をつかって形をカットし、

簡単なサンプルをつくり、使い勝手を

考え、修正を加えます。

pink

IMG_0509

pink

つくり方を決める

イメージにあうつくりを考え、

縫い合わせ方法や、糸の色などを決め、

指示書を作成します。

pink

職人さんとの打ち合わせ

材料とサンプル、指示書を見ながら、

意図を含め、説明します。

職人さんには、楽しみながらつくって

もらえるよう、私自身の思いを率直に

楽しく話すようにしています。

pink

実は、このことが大事な要素と思っています。

真面目にきれいにつくることも大切ですが、

楽しみながらつくると、商品が

生きているみたいに話しかけてくれます。

日本人のものづくりに少し遊び心が加わると、

世界を変えられる、そう信じています。

pink

こうして楽しくつくった

採れたてのキーケースは、

使っていても楽しく癒されます。

mashimo

イタリアンアート革をつくってくれているマシモさんと出会ったのは、

今から7〜8年前のことです。当時、クロコダイルやオーストリッチ

以外の新しい素材を探していた私は、すごい技術で革をつくる人がいる

と聞き、見せてもらう機会を得ました。

その革を見た時、想像をはるかに超えた素晴らしさに、

言葉で表現できないほどの衝撃をうけました。

マシモさんは大学卒業後、会計士をなさっていましたが、

それを辞め、家業である革のタナリー(革のなめし加工工場)を

継いだそうです。革の世界に入って、これまでのやり方を

踏襲するだけでなく、独自のアイディアとセンスを活かし、

牛革ハラコの毛の部分をそぎ落とし、柄をつくるということを

考えついたそうです。

今まで見たことのない革との出会いに感激した私は、すぐさま、

柄に欲しい色をつけてもらうようオーダーして日本に帰りました。

そして2〜3ヶ月後、その革が送られてきました。

期待と不安の中、包みをそっと開いて革を見た時の感動は

今でも忘れることができません。

その日からの私は毎日素材と向き合い、どうすればこの素材を

最大限に活かせるバッグができるだけを考えていました。

まずは、素材を知ること。

そして、それを活かせるデザインを考えること。

試作品を使ってみて、経年変化の状態を知ること、など

月日を経て、バッグを完成させました。

革の作業工程は、

DSC_0482a

生後8ヶ月未満の食用の子牛の革に色や柄をプリントし

_DSC7255

柄になる部分の毛を1mm単位で削ぎ落とし

レオパードグリーン

カットされたところに色を塗り分けたり金属箔を

入れたりし、1枚の革を完成させます。

つくる工程の具体的な製造方法や工房の様子は、

マシモさんの他、数名の職人さんにしか

知らされていないトップシークレットなので、

決して教えてはもらえません。

まさに革の芸術品ということで、

素材名を「イタリアンアート」

と名付けさせてもらいました。

次に考えなければならなかったのは、

誰も見たことのない革でつくったバッグを、

どのような方法で紹介するか、

ということでした。

完成品のバッグだけをお見せするより

わかりやすくしたいと考え、

IMG_9741

革1枚を展示し、

DSC_0527a

色見本蝶(帳)をつくって

バッグとともに、革のことを話題にしてもらうよう

工夫しました。

イタリアンアートいろいろ

こうして、少しずつイタリアンアートバッグを

知ってもらうようになり、

たくさんのバッグや小物を発表してきましたが、

日々発見があり、まだまだ表現に無数の

可能性があると感じるこのごろです。

マシモさんは、私のリクエストにこたえて

くれるばかりでなく、いつもそれ以上のものを

革で表現してくれる素晴らしいセンスを

もった方です。

美意識の高さと、進化させる技術力には

いつも驚かされます。

新作のイタリアンアート革は、

”服装に合わせやすい”

というテーマで色をつくってもらいました。

今秋から発売する予定です。

なぜバッグデザイナーになったか、という質問をされると

必ずこの話しをします。

それは、私と同じ思いをもっていらしゃる塩野七生さんの

エッセイ「男たちへ」(文藝春秋社刊)にあります。

「男たちは、女のハンドバッグを、品々を入れて持ち歩く

ためのものにすぎない、と思っているにちがいない。

ところが、これが、完全な誤解なのだ。女にとっての

ハンドバッグは、女の心の、そして肉体の一部なのである。

何が入っているかは問題ではない。持ち歩くという

行為自体が、意味をもつのである。」

洋服や靴と違って、必ず身につけなければ出かけられない

わけではないバッグですが、なくてはならないものと

なっているのは、女性が自分を主張するための大事な

道具としてバッグを捉えていることに他ならない、

そう思っています。

ものを入れるだけがバッグの役割ではない、

ということでご紹介したいのが、

ボールバッグです。

ball-a

直径12cmの球体で、パーティにも普段にもお使い

いただけるよう、チェーンとエナメルのストラップを

取り替えられるようになっています。

ball-aup

球体部分にはイタリアンアート素材を、

蝶やハートの形にカットしたものが

貼り付けてあります。

ball-b

前と後ろに貼る色を変えていますので、

どちらを前に向けて持っても

楽しんでいただけます。

ball-c

開閉は、球体の中央にある金具を押すと、

真ん中から開くようになっています。

先日、このバッグを気に入っていただいた方との

会話がとてもユニークでした。

「かわいいですね~、持ってみてもよろしいですか?」

「もちろんです。」

「結構重いのですね。」

「しっかりとした金具を使用しておりますので、

小さいながら、かなり重くなってしまうのです。」

「中には何が入るかしら?」

「申し訳ございません。ほとんど何も入りません。

お持ちのお財布も携帯電話も入れることが

できないと思います。」

「でも、こんなバッグを持ちたいわ。

何が入るかやってみてもよろしいですか?」

「もちろんです。」

「お財布は無理で、携帯電話もダメで。

化粧ポーチも入らないわね。」

「申し訳ございません。」

「でも、何かは入りますよね。

今あるバッグの中にあるもので入りそうなものは、

ハンカチかしら。入ったわ、よかった。」

結局、ご購入いただきました。

重くて何もはいらない球体を持ちたがる

女性の心理。

男性には理解いただけないでしょうか。

mayumi kondoのアイコンバッグになっているのが、イタリアンアート素材の

レオパードフラワートートバッグです。

このバッグを通してたくさんの方々と出会い、いつかはこのバッグが欲しい、

というお声もたくさんいただいています。

ひとつのバッグを気に入ってくださる方が世代を越え、

国境も越えていてくださるのは本当にうれしいことです。

M-0321

デザインは、

イタリアンアート素材のよさを感じていただけるよう、

レオパードフラワー柄がきれいに見えるようシンプルにしています。

M-0321-04

M-0321-06

ハンドルや底、内側の上部には、オーストリッチ革の

ミンクという色を使っています。なぜオーストリッチを

使っているか、底につぶの部分を使うなんてぜいたく、

と感じられるかもしれませんが、イタリアンアートを

活かす素材を数々合わせた結果、オーストリッチが

主張しすぎずお互いを引き立てられること、ミンクという色は、

茶色でもグレーでもない曖昧色で、レオパードフラワーの色に

合わせた時、このバッグがどのような服装にも似合う

ベストな色であることがわかり、使用しています。

また、底部分にもオーストリッチを使用することで、

素材に妥協しない贅沢さを感じていただけると思っています。

M-0321-07

 

開閉はマグネットで、内側もシンプルに両サイドに

ポケットがあるのみです。

裏地には、丈夫で破れにくいという理由で、

薄い牛革を使用しています。

極限まで薄くすることで、重くならないことも

考えています。

「独創的でありながら、普遍的で奇をてらわない優しいデザイン」

皆さんにそうおっしゃっていただいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで多くのお客様より、ショップ以外に購入できる場所はどこですか、と

質問をいただいておりましたので、この度、商品をご購入いただけるサイトに

リニューアルいたしました。

ものづくりの話しや新作情報などをお伝えして参りますので、

どうぞよろしくお願いします。

 

page top