ブログ

新ブランド「zipangu」は、

日本の伝統工芸とのコラボレーションにより

生み出された商品を世界に発信するためにつくりました。

 

zipanguを立ち上げたことで、

永年こだわりをもってものづくりを続け、

数々の実績を残して来られた方々とお会いする

機会ができました。

技術はもちろん、お人柄にも感動する日々です。

真のmade in Japanの素晴らしさを

伝えられればと思っています。

 

今回は、ロゴマークの刻印をつくってくださった、

赤塚刻印製作所のマイスター赤塚さんを

ご紹介したいと思います。

 

指輪の中にある刻印や、

お菓子や蒲鉾に押している焼印など

日頃、何気なく目にしている刻印ですが、

実際にそれをつくる工程を見せていただき、

細かさや技術力に驚きました。

 

私のリクエストは、2.1cmの幅に

zipanguの7つの文字入れて欲しいということです。

刻印は、押した時にきれいに見えなければならないので、

どのようにつくればよいか逆算する必要がある

とのこと。

 

文字を見ながら相談しました。

 

IMG_0558

 

問題は、gとuの間にある二本線。

 

zipangu_Logo_2015

 

二本の間が0.3mm以上ないと、きれいに押すことが

できないそうです。

 

特殊なルーペで測ってみたところ、おっしゃるとおり

0.3mm以下でした

 

 

 

IMG_0560

 

IMG_0559

 

見た目には影響がないということでしたので、

二本線の間隔が0.3mmになるよう、

デザインの変更をお願いしました。

 

IMG_0534

 

たくさんの道具を使って

 

IMG_0536

 

手作業で彫っていきます。

 

ルーペで見なければわからない

細かさです。

 

IMG_0670

 

刻印作業が終了したら、固くなるよう表面を焼き付けます。

 

打ち合わせから数ヶ月後、

出来上がりのご連絡をいただきました。

 

取りに伺った際、

「これで何万回押しても大丈夫ですよ。」

と言われました。

 

IMG_0694

 

何万回も押すことができるようなブランドに

なれるようがんばろうという思いと、

これだけ立派な刻印に負けない

ものづくりをしなければという思いを胸に、

心地よい緊張感をもちながら、zipanguと

向き合っています。

どんなジャンルにも、超越したというに相応しい人やものが

存在すると思います。

 

超越の意味をみると、

普通に考えられる程度をはるかにこえていること。

ある限界や枠をはるかにこえていること。また、その物事から

かけ離れた境地にあって問題にしないこと。

とあります。

 

 

これまでの常識では考えられない、

見たことのない,

誰にも真似できない、

ということでしょうか。

 

私はいつもイタリアンアート革を、

革の常識を超えている、と感じています。

 

イタリアンアート革を考え出した、マッシモさんとの出会いに

ついては、過去のブログにも書きましたが、

この出会いにとても感謝しています。

 

超越したものは、好きとか嫌いという対象を超えて、

ただただすごいと感じるものだと思います。

 

 

私にとって、そんなイタリアンアートですが、

更に違う表現方法があるはず、

という私の思いをマッシモさんが叶えてくれました。

 

 

それが新作のマーメイド革。

ハンドバッグをつくりました。

 

M-0382BUPK

 

アップでみると、わかるでしょうか。

 

M-0382BUPK--06

 

色のついた部分はグリッター加工で、

すべてにキラキラした粉末を貼り合わせています。

イタリアンアート革をこれまでとはまた異なる形で

華やかで上品に仕上げてもらいました。

 

あまりにパワーのある革になったので、

どんなものをつくるべきか、長い時間考え、

ようやくバッグを完成させることができました。

 

 

新しいものを生み出す作業は、楽しくもあり、

同時に大変さもありますが、考察することで

多くのことを考え、試すことで次なるヒントがうまれてきます。

 

チャレンジはまだまだ続きそうです。

mayumi kondoサイトのOrder madeの中に、

「My first crocodile」というページがあります

           pink

そこには、

いつかは手にしたいクロコダイルのハンドバッグ。

皮革の王様とも呼ばれるクロコダイルは、

一度手にした人を虜にし続けるほどの魅力的な素材です。

と記してあります。

pink

これは、私が実感したことを言葉にしたものですが、

今回は、私が思うクロコダイルの魅力について

書いてみることにします。

 
pink

クロコダイルと聞いて、どのような印象をもたれるでしょうか。

 
pink

これまでクロコダイルに縁はないけれど興味はある方

ワニに対して少し恐ろしさを感じる方、

一度は手にしたいと思いつつ、機会がない方、

いつかは欲しいとあこがれをもっている方、

pink

他にもいろいろあると思います。

私自身は、この仕事を通して初めてクロコダイルが

王様と呼ぶにふさわしいと思うようになりました。

pink

深く深くクロコダイルに接し、バッグや小物を使ってみると、

圧倒的なパワーと、耐久性と、

触っていたいという感情、飽きのこない魅力など、

そのものが文句なくブランドであることがわかってきました。

pink

クロコダイルを所有することの満足感。

それを知ってしまうと虜になるとすれば、

うれしいような・・複雑なことになりそうです。

pink

そして、そんな素材をさらに満足するものに仕上げるために、

どんなものをつくるべきか。

これはデザイナーとしての主張となりますが、

品よく素材を活かす、

ということが今の私の答えです。

pink

M-0473BLC

pink

大きめのバッグはあまり切り替えをしないで、贅沢に使用する。

(前後とも、ワニ革の中央をバッグの中央に合わせ配置する=センター取り)

pink

M-0473BLC--05

どこかに、これまでやったことのない箇所を入れる。

(マットクロコダイルとツヤのあるクロコダイルのコンビネーション)

pink

M-0473BLC--03

pink

持った時、見た目ほど大きいと感じない工夫をする。

(横長にすること、横から見た時に上部をスリムにすること、肩からかけた

時、脇に挟めるくらいのハンドルの長さにすることなど)

pink

そんな考えを取り入れ新作のクロコダイルバッグが出来上がりました。

pink

M-0473BLC--02

pink

ファーストクロコダイルバッグとして、

毎日使ってもらいたい。

そんな思いです。

pink

小さな小物も、日々バッグの中から出す度に幸せな気持ちになります。

ファーストクロコダイルをまず小物から、

という方へおすすめです。

pink

こちらのキーケース、

pink

MS-0460LBUMS-0460BLSV--02

pink

カードケースは、

pink

MS-0467BLMS-0467BL--02

pink

何年も使用し手触りなどの変化を楽しんでいただけます。

 pink

クロコダイルについて語り始めると、ついつい長くなってしまいます。

新作のバッグやお財布をつくった後に、考えなければ

 ならないことは、商品のアピール方法です。

 

 

例えば、サイトやカタログで紹介する際は

画像の撮り方が重要で、

お客様に直接お会いして紹介する際は

アピールポイントを簡潔にまとめお話しできることが

大切と考えています。

pink

サイトでは、手に取らなくても商品の概要を

わかっていただくために、

多方面からの画像を撮ることが必要だと思いますので、

最低5カットくらいの画像を見られるようにしています。

pink

言葉で言い表せない分、

アピールしたい部分をアップにした

画像を撮るなど、よりわかりやすくする工夫を

していますが、ひとつだけ悩みがありました。

pink

それは、どのくらいの大きさなのかわからない

ということです。

 pink

そこで、持った姿をイメージできるよう、

シルエットの女性がバッグを

持った画像を加えることにしました。

女性の身長は160cmくらいです。

pink

人が持った姿より、シルエット女性が持った方が、

バッグが目立って

よりわかりやすくなると思います。

pink

 どれも、mayumi kondoの定番商品です。

ハート型のオリジナルハンドルを使ったバッグ

「Love Me」

 pink

好評いただきうれしいです。

pink

M-0461BMTPK

pink

以前のこのブログで、大人のかわいらしさを

表現しています、とヴェルサイユ柄の「Love Me」

バッグをご紹介しましたが、

クロコダイル革の新作「Love Me」も

大人のかわいらしさでは負けていません。

pink

M-0468LBU

pink

明るいイメージのヴェルサイユ柄「Love Me」バッグ

とはイメージを変え、シックな演出です。

pink

クロコダイル革のラメブルーを使用

ハートハンドルやチェーンは、ブラックメタリック

サイズは、大きすぎず小さすぎず、

フォーマルに偏りなりすぎないで

いろいろなシーンに使っていただけるよう考えました。

pink

M-0468LBU--02

さらなる個性は両翼です。

バッグの両サイドに羽根のようにヒラヒラした

部分を取付けました。

これにより、ハートハンドルのかわいらしさと

クロコダイルの硬いイメージを融合させる

ことができたと感じています。

pink

いろいろな個性を持つ「Love Me」

pink

まだまだニューバージョンを増やしたいと

思います。

突然ですが、新ブランドを立ち上げました。

名前は「zipangu」です。

pink

zipangu_Logo_2015

pink

このブランドをつくった経緯と、

目指すものづくりについてお話しします。

pink

私は元々、日本のものづくりや伝統工芸に

興味をもっていました。

そして、出張や旅行先で訪れた土地で

工芸品を見て回るのが大好きでした。

デザインの仕事をはじめてからは、

素晴らしい技術を見ると

それらが絶えてしまわないよう願いながら、

いつの頃からか、デザインしたい

と考えるようになっていました。

pink

そんなある日、

これまで誰もやったことのない素材づくり、

をテーマに思いついたのが、

24K本金箔クロコダイル革です。

 

pink

金箔といえば、金沢。

400年の間、代々職人により引き継がれ、守られてきた金沢箔

の中、数々の実績を誇る株式会社箔一さんに依頼し、

本金箔をクロコダイルレザーへ張り合わせること

を世界で初めて実現させることができました。

pink

 初めてこの革を見た時、あまりの輝きとパワーに

驚き、感動し、デザインを考え始めると興奮を抑える

ことができませんでした。

すぐに金箔クロコダイルバッグの映像が思い浮かび、

忘れないうちに模型で表現し、革を裁断後金箔を貼っていただき、

24K本金箔クロコダイル革のバッグとお財布が

完成しました。

pink

zipangu03

pink

zipanguは、

日本にある、まだ世界に知られていない最上級の

素材と技術=伝統工芸とのコラボレーションにより

生み出された商品を世界に発信するブランドです。

第一幕は、24K本金箔クロコダイル革を使った商品です。

多くの方の目に触れることを願っています。

王道という言葉は本来、王がつくった幹線道路=楽な道、

という意味だそうですが、いつの頃からか、定番とか正攻法といった

ニュアンスで使われるようになったようです。

私もずっと後者の使い方をしていました。

pink

「一番好きな都市はどこですか?」と聞かれると

ウィーンと答えています。

大人の街で、深い文化があり、センスがよく、おいしい。

私の印象です。

初めてウィーンに行った時、

ホープブルク宮殿の前の道がまっすぐで、

あまりにも凛としていたので、これこそが

王の道と思いました。

今思うと間違った使い方だったのですが、

しっくりくるイメージです。

pink

IMG_0462

pink

昨年から、きちんとした印象の

バッグをつくりたいと考えていました。

このところ、スーツを着る方が少なくなって、

それに伴いバッグもカジュアルなものが

多くなっています。

そんな時代ですが、定番となるようなどんな時代でも

持てるバッグをつくっておきたい、という思いを

ようやくカタチにすることができました。

ずいぶん前につくっていたデザインを基に、

少し変更点を加え、尊敬する職人さんにつくって

いただきました。

 pink

M-0465BL

pink

定番の条件を私なりに考えると、

とびきりの素材

デザインは奇をてらわない

つくりは抜群

嫌と思える部分がない

pink

少しは近づいているでしょうか。

pink

丁寧に使って、永く永く。いつ見ても

飽きがこない、そう思っていただけると本当にうれしいです。

1年本当にありがとうございました。

すべての方に感謝の気持ちでいっぱいです。

pink

サイトを新しくするにあたり、慣れないブログを

始めることにしたものの、何をどう表現すればよいか、

戸惑いながら進めてきました。

pink

私の思いが拙い文章から少しでも伝わったとすれば、

うれしいです。

pink

来年も、感じたことやものづくりの思いなどを、

このブログを通してお伝えできればと思います。

pink

皆様どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

ものづくりをするようになって、人との出会い以外のことも

一期一会と感じるようになりました。

pink

たとえば、クロコダイル革1枚、

イタリアンアート革1枚、

いつもいつでも同じように仕上がるわけでは

ありません。革そのものの大きさが一枚一枚

異なっていて、

色を染める作業も、天候や湿度の違いにより

毎回全く同じ色にはならないためです。

pink

ですから、今回出来上がった革はどんなものか、

微妙な差異を見つけながらデザインを考えたり、

型紙の合わせる位置を変更したりしています。

その時々の特徴を感じ、よさを最大限に

発揮できることを考えるためです。

pink

出来上がった革は一期一会と思い楽しんでいます。

pink

知り合いのソムリエの方から聞いた話です。

ワインは同じ銘柄のものでも毎年味が違っている。

さらに、同じ畑の中で場所により日照具合や

風のあたり方などが違っているので、同じ年の中でも

一定の味になるわけではない。

その前提で作り手がベストをつくして出来上がった

ワインに敬意をはらって、そのことを

楽しんで欲しいという思いを

お客様に伝えるのが仕事です、と。

pink

単に味を評価するだけでない深い思いをもって

向き合っていらっしゃることに感動しました。

pink

確かなものづくりをすすめていけば、

感動を伝える人とも出会えるのですね。

mayumi kondoでは、イタリアンアートと金唐革素材で図柄の入った

革を取り扱っています。

 

 

イタリアンアート革

 

 

金唐革

そのせいか、日常で見かける

いろいろな柄が気になります。

動物園に行くと、この動物の革を使ったことがある、

とか、この柄はおもしろいなど、

おかしな目線になってしまいます。

 

 

レオパード

 

 

ゼブラ

 

また、絵画の背景や屏風の図柄、切手や包装紙、

ステンドグラスやインテリアなど、

様々な図柄の細かなものを観察し、革に

取り入れることができないかを考えるため、

写真におさめたりしています。

 

 

 

 

ずいぶん前の作品ですが、

私がいろいろな想いをこめ描いた、

この季節になると思い出す、スノーシーン

という図柄があります。

山の上にある教会から幸せの雪玉が転がってきて、

そこにはそれぞれ、celebrate the usual  と、

I love youと書かれています。

樹木は雪溜まりでうさぎの形になって、

それら同士が握手をしたり

おじぎし合ったり・・。

厳しい自然の中の心温まる情景を想像しながら

図柄にしました。

 

 

サイトのトップ画像に使用いたしましたので、

ご覧ください。

今年もあとひと月になりました。

皆様にとって、楽しい年末となりますように。

page top