ブログ

なぜバッグデザイナーになったか、という質問をされると

必ずこの話しをします。

それは、私と同じ思いをもっていらしゃる塩野七生さんの

エッセイ「男たちへ」(文藝春秋社刊)にあります。

「男たちは、女のハンドバッグを、品々を入れて持ち歩く

ためのものにすぎない、と思っているにちがいない。

ところが、これが、完全な誤解なのだ。女にとっての

ハンドバッグは、女の心の、そして肉体の一部なのである。

何が入っているかは問題ではない。持ち歩くという

行為自体が、意味をもつのである。」

洋服や靴と違って、必ず身につけなければ出かけられない

わけではないバッグですが、なくてはならないものと

なっているのは、女性が自分を主張するための大事な

道具としてバッグを捉えていることに他ならない、

そう思っています。

ものを入れるだけがバッグの役割ではない、

ということでご紹介したいのが、

ボールバッグです。

ball-a

直径12cmの球体で、パーティにも普段にもお使い

いただけるよう、チェーンとエナメルのストラップを

取り替えられるようになっています。

ball-aup

球体部分にはイタリアンアート素材を、

蝶やハートの形にカットしたものが

貼り付けてあります。

ball-b

前と後ろに貼る色を変えていますので、

どちらを前に向けて持っても

楽しんでいただけます。

ball-c

開閉は、球体の中央にある金具を押すと、

真ん中から開くようになっています。

先日、このバッグを気に入っていただいた方との

会話がとてもユニークでした。

「かわいいですね~、持ってみてもよろしいですか?」

「もちろんです。」

「結構重いのですね。」

「しっかりとした金具を使用しておりますので、

小さいながら、かなり重くなってしまうのです。」

「中には何が入るかしら?」

「申し訳ございません。ほとんど何も入りません。

お持ちのお財布も携帯電話も入れることが

できないと思います。」

「でも、こんなバッグを持ちたいわ。

何が入るかやってみてもよろしいですか?」

「もちろんです。」

「お財布は無理で、携帯電話もダメで。

化粧ポーチも入らないわね。」

「申し訳ございません。」

「でも、何かは入りますよね。

今あるバッグの中にあるもので入りそうなものは、

ハンカチかしら。入ったわ、よかった。」

結局、ご購入いただきました。

重くて何もはいらない球体を持ちたがる

女性の心理。

男性には理解いただけないでしょうか。

mayumi kondoのアイコンバッグになっているのが、イタリアンアート素材の

レオパードフラワートートバッグです。

このバッグを通してたくさんの方々と出会い、いつかはこのバッグが欲しい、

というお声もたくさんいただいています。

ひとつのバッグを気に入ってくださる方が世代を越え、

国境も越えていてくださるのは本当にうれしいことです。

 

 

 

デザインは、

イタリアンアート素材のよさを感じていただけるよう、

レオパードフラワー柄がきれいに見えるようシンプルにしています。

 

 

 

 

 

M-0321-04

M-0321-06

 

 

 

 

ハンドルや底、内側の上部には、オーストリッチ革の

ミンクという色を使っています。なぜオーストリッチを

使っているか、底につぶの部分を使うなんてぜいたく、

と感じられるかもしれませんが、イタリアンアートを

活かす素材を数々合わせた結果、オーストリッチが

主張しすぎずお互いを引き立てられること、ミンクという色は、

茶色でもグレーでもない曖昧色で、レオパードフラワーの色に

合わせた時、このバッグがどのような服装にも似合う

ベストな色であることがわかり、使用しています。

 

 

 

 

また、底部分にもオーストリッチを使用することで、

素材に妥協しない贅沢さを感じていただけると思っています。

 

 

 

 

 

開閉はマグネットで、内側もシンプルに両サイドに

ポケットがあるのみです。

 

 

裏地には、丈夫で破れにくいという理由で、

薄い牛革を使用しています。

極限まで薄くすることで、重くならないことも

考えています。

 

「独創的でありながら、普遍的で奇をてらわない優しいデザイン」

皆さんにそうおっしゃっていただいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top