ブログ

以前使っていたプライスタグには、mayumi kondoを

表す、3つの言葉を記していました。

pink

tag

pink

precious material = 貴重な素材

custom made = オーダーメイド

delightful ownership = 所有する喜び

pink

3つめの所有する喜びというのは、そんなふうに感じて

いただけるバッグをつくりたい、

という思いを記しましたが、

あとの二つは、私のものづくりに欠かせない言葉です。

pink

素材は、ものづくりの基盤となりますので、

とりわけこだわりを持っています。

pink

mayumi kondoの場合、

すべてのものづくりは素材をつくることから

はじまります。

pink

現在、クロコダイル革も金唐革も、イタリアンアート革もすべて、

オリジナルの色をオーダーしていますが、

いずれも、稀少性のある素材と高い技術との融合により、

素晴らしい革となって仕上がってきます。

pink

出来上がった革をしばらく眺めながら何をつくるか

考えるのですが、それはわくわくする幸せなひとときです。

素材づくりは本当に楽しい作業です。

pink

柄のある素材の場合、どのようなバッグにするか、

どの部分を使用するかにより全くイメージが変わってきます。

pink

素材×柄×色

pink

こうして考えると無数に組み合わせられ、

素材づくりの奥深さを感じます。

pink

また、革は個体により大きさや厚みが異なり、

色は、同じ調合をしても、その日の天候や水の

コンディションにより変わってきます。

ひとつひとつが違っている=同じようにはできない、

というのもおもしろさだと思います。

pink

先日、イタリアから新しいイタリアンアート革の

マルチカラーが届きました。

pink

new multi

pink

これまでの色に比べ、やや明るいトーンで、

きれいな発色を楽しむことができます。

バッグに仕上げるのが待ち遠しくなりました。

pink

また、同時に新作のイタリアンアート革が出来上がって

きました。これまでと違ったイメージの仕上がりですので、

どのようなバッグをつくるか考えているところです。

クロコダイル革の新作は、これまでに見たことのない

驚きがあります。

pink

新素材のこと、異素材同士の組み合わせ、色の組み合わせなど、

いろいろを試しながら、イメージする理想に近づけるよう

考えているところです。

デザインはどのような方法で思いつくのですか、

とよく質問されます。

私の場合、視覚的におもしろいと思ったことは写真に納め、

言葉のアイディアはいつも持ち歩いているメモパッドに

書きとめています。

pink

感動したことやおいしいと思ったことなど、

些細なことでもこれらのやり方で記し、たまに見直すことで、

日頃から考えているデザインのことと重なり合って、

ふっとよいアイディアが浮かぶ瞬間があります。

ものをつくるという作業は、自分の中に答えがあると

思っていますので、それらの作業は欠かせません。

pink

M-0286BUGN--04

pink

クロコダイル お財布ポシェットのラメグリーンと

ラメブルーの組み合わせは、これらの写真をみて

思いつきました。

pink

IMG_0239

pink

イタリアのアマルフィ海岸の景色

pink

IMG_9599

pink

NYのビルの夜景の照明

pink

IMG_0722

pink

チェコで購入した、ガラスのオブジェ

pink

グリーンとブルーは、

自然の中にごく普通にある光景で、

光りにしても美しく、

それでいてありそうでない組み合わせ

ということに気がつきました。

pink

materials_croco_pic05materials_croco_pic04

pink

グリーンとブルーを美しく組み合わせるために、

クロコダイルをラメ加工することで、

3枚の画像に近づくことができました。

こうして、イメージどおりに素材を組み合わせた

お財布ポシェットが出来上がりました。

pink

M-0286BUGN--03M-0286BUGN

pink

2色使いのことを、組み合わせを楽しむという意味で

バイカラーと言いますが、クロコダイル お財布ポシェットは、

正面から見ると、もう一方の色がみえなくなるため、

2色使いを楽しみながら、グリーンとブルーの

バッグを2つ持っているようにお使いいただけます。

pink

page top