ブログ

M-0468LBU

■カラー:ラメブルー

■サイズ(W×H×Dcm)24×15×3

■素材:クロコダイル、内側 牛革

 

愛くるしいオリジナルデザインのハートハンドルが印象的な2WAYバッグ。シックなブラックメタリックカラーのハートハンドルとラメブルーのクロコダイルレザーがシックでありながら大人の可愛らしさを演出します。日常使いだけでなく、パーティ等のお洒落を楽しくしてくれます。

これまでたくさんのバッグや小物をデザインしてきました。

 

経験を重ねたことで、わかったことや気がついたことは無数にあります。

 

その中で私が「zipangu」ブランドをつくるきっかけになった

 

素材選びはたし算、つくりはひき算

 

という言葉についてお話ししたいと思います。

 

私にとって、素材は商品づくりの中で

もっとも大切なものです。

一目見て、感動できるような素材をつくり出したいと

いつも思っています。

 

素材は、メインになるもの、付属として使うもの、

裏地、金具やファスナー、糸、芯材など様々ですが、

それぞれよいものを選び出し、プラスすることで

商品を格あるものにしてくれます。

 

ある日、ひとつひとつの素材についても、

たし算の考え方でつくると

よいものができるのではないかと思い、

クロコダイル革に金箔を貼り合わせることを思いつきました。

 

高級感のあるもの同士をプラスし、出来上がってきた

金箔クロコダイル革は、これまで見たことのない

圧倒的なパワーと躍動感、エネルギーを感じることができました。

 

また、つくりはひき算というのは、

複雑なものをよりシンプルにすることです。

 

素材の切り替えを多くしたり、ギャザーをよせたりなど、

一見して複雑なつくりのものは、単純にみえる

つくりのものと比べ、全体の雰囲気に気を取られ、

細かなところに目がいかなくなります。

 

それに対して、つくりの工程で、膨大すぎる作業量や

複雑な考え方をマイナスすることで、その商品のよさを

最大限に発揮することができると感じます。

 

それにはあらゆるものを削ぎ落とし、計算され尽くした

デザインや職人の腕が求められます。

 

金箔クロコダイル革は、素材のもつパワーと上品さを

活かすよう、よりシンプルなデザインにし、

試行錯誤を繰り返し、つくり方も手順にもこだわりました。

 

よいものをつくるには、最高の素材と技術が必要です。

 

素材をたし算、つくりをひき算にすることは、

メードインジャパンの素晴らしさを形にすることと思っています。

page top