ブログ

MS-0329BLSV

■カラー:ブラックシルバー

■サイズ(W×H×D cm) 10.5x 9.5 x 1
■素材:牛革、オーストリッチ

 

小さなバッグに最適な” 小振りなサイズ感と使いやすさ”のお財布。

後ろ側もイタリアンアート革を使用。

 

MS-0329BLSV--02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚みが出ないよう工夫されたつくりと柔らかな芯づかいで、3つのポケットはそれぞれ、コインが 取り  出しやすく、カードやお札も分け十分入れられるよう設計しています。

MS-0329BLSV--004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MS-0329BLSV--003

 

使うたびに楽しくなる小銭入れ。柄には個体差があります。

 

 

ひとつのバッグをつくる際、いろいろなことを選択しなければなりません。

 

それは、mayumikondoらしさをつくりだすための選択だと思います。

 

 

シンプルなデザインで素材のよさを活かしている、

色がきれいで思った以上に服装に合わせやすい、

飽きがこないので、年齢に関係なく永く使える、

楽しくてワクワクする、

重すぎて疲れることがない、

ありそうでない、

 

よくおっしゃっていただく、らしさ、というのはこのような感じでしょうか・・。

 

らしさは、目に見える部分と見えない部分とに分けられると思います。

 

素材選びや色選び、サイズなどは目で見てわかる部分です。

持った時の気持ちや使いやすさ、重さなどは、

使用しなければわからない部分です。

 

 

 

素材や色づくりはいつもブログで紹介していますので、

今回は目に見えない持ちやすさへの工夫の話しをしてみたいと思います。

 

 

私はバッグの重さについて、800gを超えると

1日持ち歩くと疲れると感じます。

 

中にものを入れると1キロを超えてしまいますので、

身体のことを考えると、なるべく疲れないでいられる

ものづくりが必要と思います。

 

 

重さの原因は、革素材の裏側に硬い芯を貼ることです。

そうすることで、頑丈で長持ちするバッグに仕上がります。

 

軽いバッグをつくるには、

裏の芯を貼らない(もしくは、薄い芯を貼る)ということに

なりますが、

頑丈なバッグに比べ、永く使う事で革が柔らかくなり、

見た目も多少変わっていきます。

 

 

頑丈さを取るか、軽さを取るか

 

 

私の答えは、

 

 

デザインによって多少異なりますが、

重すぎて持ちたくなくなる=出番の少ないバッグにならないため

風合いを損ねない工夫をしながら、ギリギリまで軽くなる努力をする、

ということです。

 

 

素材全体に薄くて軽い芯を貼り、

持ち手をはさむ部分や底を固くすることなど、

壊れやすい箇所や重さがかかる部分を強化することで、

軽さを実現させています。

 

 

 

持ちやすさのためには、

 体にフィットするデザイン

 同じ重さでも軽さを感じられるデザイン

 

ということを心がけています。

 

具体的には、

ショルダーひもの幅や長さ、

持ち手の太さや形状、芯材、ステッチのかけ方、つける位置など、

ディテールにこだわりながら、見た目もよくなるよう考えています。

 

 

見た目は素敵で色や素材感も気に入っているけれど、長時間持つと疲れる、

持ちやすさはあるけれど、見た目がもうひとつしっくりこない、など

残念なことのないよう

 

試作を何度も繰り返し、見ても持ってもうれしくなるような

ものづくりを目指し、らしさの追求をしています。

MS-0329BUPP

 

 

■カラー:ブルーパープル

■サイズ(W×H×D cm) 10.5x 9.5 x 1
■素材:牛革、オーストリッチ

 

小さなバッグに最適な” 小振りなサイズ感と使いやすさ”のお財布。

 

後ろ側も もちろんイタリアンアート革を使っています。

 

MS-0329BUPP--001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MS-0329BUPP--003厚みが出ないよう工夫されたつくり

と柔らかな芯づかいで、

3つのポケットはそれぞれ、コイン

が取り出しやすく、

カードやお札も分け十分入れられる

よう設計しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MS-0329BUPP--002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使うたびに楽しくなる小銭入れ。

柄には個体差があります。

 

 

 

MS-0329GN

 

■カラー:グリーン

■サイズ(W×H×D cm) 10.5x 9.5 x 1
■素材:牛革、オーストリッチ

 

 

 小さなバッグに最適な” 小振りなサイズ感と使いやすさ”のお財布。

 

後ろ側も もちろんイタリアンアート革を使っています。

 

MS-0329GN--02

 

 

 

 

 

MS-0329GN--04

厚みが出ないよう工夫されたつくり

と柔らかな芯づかいで、

3つのポケットはそれぞれ、コイン

が取り出しやすく、

カードやお札も分け十分入れられる

よう設計しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MS-0329GN--03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使うたびに楽しくなる小銭入れ。

柄には個体差があります。

 

 

 

M-0482GN

■カラー:グリーン

 

■サイズ:(W×H×D cm) 27.5x17x12cm

■素材:牛革、オーストリッチ

 

小振りに見えるデザインでありながら、マチをしっかりと取り、外側に大きくポケットを取った実用性の高いデザインが特徴。

”レオパードフラワー”のゴージャスな配色と柄をどの角度からも堪能いただけます。付属革のオーストリッチを黒にし、よりクールなイメージに仕上げたハンドバッグです。

 

 

M-0473GN

■カラー:グリーン

 

■サイズ:(W×H×Dcm) 31.5x23.5x12.5cm

■素材:牛革、オーストリッチ

 

イタリアンアート素材1枚を最大限にあますことなく贅沢に使用し、サイズ感&アピール感たっぷりのトートバッグです。

付属革にはオーストリッチの黒を使い、クールなイメージでビジネス&デイリーに大活躍。大き目サイズでありながら、体にもスマートに沿う設計です。

”レオパードフラワー”のゴージャスな色彩と柄を、カジュアルに恰好よくお持ちいただけます。

 

M-0439BLSV

 

 

 

■カラー:ブラックシルバー

■サイズ(W×H×Dcm) 34.5x26.5x 12

■素材:牛革クロコダイル

 

シック&クールな”カサノバ”とクロコダイルの最もラグジュアリーな異素材を贅沢に組み合わせたバッグ。 カサノバの模様を額縁のように革を一点一点、職人が全て手で裁断しています。 その趣からは想像できないほどの軽量感とスタイリッシュなデザインは出番が多く、流行に左右されない確かな風格で大人の女性に是非お持ちいただきたいバッグです。

M-0382TQG

■カラー:ターコイズゴールド

■サイズ(W×H×D cm)31x21.5x8 

■素材:金唐革 内側:牛革

 

 

今から500年前のイタリア・ルネサンス期から約300年の間だけ作られた革芸術。サンドロ・ボッティチェリがフレスコ画などに代わる壁画装飾として考案し、ヨーロッパ各地の宮殿や寺院の壁に使用された”CUOI D’ORO”(金唐革)。持ちやすいサイズ感と気品を十分に感じられ、芸術品を手にするような感覚でお持ちいただけるバッグです。

重厚感溢れる外見からは想像できない程軽量に仕上げたつくりです。

 

金唐革の特徴であるひび割れ

 

革の表面に見られるひび割れは、金型を使い上から圧力をかけた際に出来たもので金唐革の特徴です。

 

当時の製作工程を再現できる金唐革作家、徳力 康乃先生にmayumi  kondo テイストの色彩トーンを依頼。金唐革はイタリア国内ではもう製造されておりません。

 

 

 

 

page top