ブログ

バッグを修理やリフォームした経験はありますか。

 

 

 

お客様にお聞きしますと、修理以外のリペアについて

ご存知ない方が多いようです。

 

今回は、ホテルニューオータニのショップで

様々なリペアをお受けした

 お話しをしたいと思います。

 

 

リペアにはいろいろな種類があります。

 

  1. 1.壊れた箇所を修理する

 

一箇所でも不都合を感じたら、早めに

相談いただくのがおすすめです。

 

バッグで最も壊れやすいのは、手ひもやショルダー部分、

ファスナー部分だと思います。

他の箇所に比べ、手に触れて使用頻度が高いというのが原因です。

交換するなどの方法で修理をすると再びお使いいただけます。

 

2.使いやすくするために修繕する

 

デザインは気に入って購入したものの、

ショルダーが長すぎ使いにくい

手ひもが短くて腕にかけられない

などの理由で使えない。

 

そのような時、ご自分の馴染んだ使用法に合わせるために

一部を修繕するのもリペアです。

 

私はデザイナーとして、自分が考えたデザインを発表することと、

使っていただくお客様のご意見に合わせおつくりするオーダーメイドの

二種類のお仕事をさせていただいています。

 

オーダーメイドでおつくりする際、お客様のご意見は

本当に様々です。

 

既製品を少し自分らしく修繕することで

オーダーメイドのようなバッグになると思っています。

 

3.色あせたバッグをリカラーする

 

主にオーストリッチ素材が対象で、色あせたバッグに色を塗る

リカラーもリペアの一つです。

 

色を塗ることで新品同様に蘇ります。

もう一度使えるようになったと

大変好評いただいています。

 

しかしながら、職人さんは色塗り作業に

とても気を使うとおっしゃっています。

センスと技術の両方が求められる作業を

やってくださる職人さんには大変感謝しています。

 

 

4. 帯や毛皮を壊してバッグをつくる

 

もったいなくて捨てられないものが家の中にありませんか。

 

使わないけれど、素材がよいので捨てられない。

形見の帯をバッグにして使いたい。

など、リフォームの相談をいただきます。

 

簡単なトートバッグなどをおつくりしますが、

素材が素敵な分、シンプルにつくるのが

おすすめです。

 

5.デメリットをメリットに替える

 

こちらも使えなくなったバッグのご相談でした。

キャンバス素材にカビが生えて変色して

いて使えないとのこと。

 

きちんとしたデザインのバッグで、

捨ててしまうには惜しいのでどうにかできれば

とのことでした。

 

一度変色した布地を元に戻すことはできませんので、

私がデザインした、革で切り抜いたお花柄のシートを

キャンバス部分に貼りつけました。

 

変色もカバーすることが

でき、楽しいバッグにうまれかわり、とても喜んで

いただきました。

 

 

 

このように、お客様の大切なバッグをお預かりして

リペアをさせていただいています。

 

どれも決して簡単な作業ではないことを

お客様にご説明をし、

それぞれの職人さんが丁寧に作業を行っています。

 

 

お渡しする時、驚いたり感激されたりする瞬間が

とてもうれしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top