金唐革 ”クリスマスローズ柄”ハンドバッグ     

■カラー:ターコイズゴールド

■サイズ(W×H×D cm)31x21.5x8 

■素材:金唐革 内側:牛革

 

 

今から500年前のイタリア・ルネサンス期から約300年の間だけ作られた革芸術。サンドロ・ボッティチェリがフレスコ画などに代わる壁画装飾として考案し、ヨーロッパ各地の宮殿や寺院の壁に使用された”CUOI D’ORO”(金唐革)。持ちやすいサイズ感と気品を十分に感じられ、芸術品を手にするような感覚でお持ちいただけるバッグです。

重厚感溢れる外見からは想像できない程軽量に仕上げたつくりです。

 

金唐革の特徴であるひび割れ

 

革の表面に見られるひび割れは、金型を使い上から圧力をかけた際に出来たもので金唐革の特徴です。

 

当時の製作工程を再現できる金唐革作家、徳力 康乃先生にmayumi  kondo テイストの色彩トーンを依頼。金唐革はイタリア国内ではもう製造されておりません。

 

 

 

 

page top