金唐革

Cuoi d'oro

幻の革工芸ともよばれるCuoid’oro(金唐革)は500年前メディチ家の庇護のもとに発展し、ボッティチェリなどの画家達により宮殿や壁面を飾ってきたルネッサンス期最高の皮革芸術です。

なめした革に特殊な金属箔を張り、金型をプレスして浮き出し模様をつけ、そこに幾度も彩色を施し重厚で絵画のような革を作りだしています。このボッティチェリの生みだした柄を使い、洋装にも和装にもお使い頂けるように仕立てられたバッグは、時代を超え代々引き継いでいただきたい、

まさに変わらない美しさと職人技を兼ね備えた逸品です。

《サンドロ ボッティチェリにより製作された500年前の金唐革(左)と復元金唐革(中、右)》

【金唐革作家 徳力康乃先生による作業工程】

鞣した革に樹脂を塗り、さらに金属箔を貼ります。

模様の描かれた金型に革を挟み、プレス機で圧力を加えていきます。

数時間後、柄の凹凸が浮き上がります。

合金箔の上から彩色を重ねることにより、油絵の絵画のような風合いを生み出しています。

【バリエーション】

金唐革 クリスマスローズ ピンク

Christmas Rose Pink

金唐革 クリスマスローズ シルバーゴールド

Christmas Rose Silver Gold

金唐革 クリスマスローズ ターコイズ

Christmas Rose Turquoise

金唐革 アラベスク ブラック

Arabesque Black

金唐革 アラベスク ピンク

Arabesque Pink

金唐革 アラベスク 赤

Arabesque Red

 

 

 

CHOOSE

YOUR OWN

COLOR

あなただけのオリジナルカラー

(custom-madeページへ)

material一覧に戻る

collection          material          custom-made          designer          shop info         contact

Copyright©Hikiji Co., Ltd.